2022年12月 6日 (火)

ネタなし

昨日は日曜日でウクライナ関連のニュースもなし。
夜中に起きてサッカーを見たら、激烈な死闘。
延長戦でも決着がつかず、最後はPK戦で勝負あり。
わたし、あまりこういうものでナショナリズムを鼓舞されるタイプじゃないもので、人並みにはらはらして、最後は月並みにゴクロウサマくらい。

| | | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

本日のウクライナ

おお、おもしろい、といっちゃなんだけど。
このブログに取り上げた「遠隔透視・実践者の苦闘」の記事と、今日のヤフーニュースの記事が正反対に食いちがった。
「実践者の」のほうでは、ロシア軍はウクライナ軍が奪還したとされるヘルソン州の西部(これはドニエプル川の西岸のことと思われる)に攻撃を仕掛け、ウクライナ軍は戦意を消失しているとのこと。
ヤフーニュースのほうでは、ウクライナ軍はロシア軍が占領しているドニエプル川の東岸に到達して、ウクライナ国旗を掲げたのだそうだ。

これではいったいどっちが優勢なのかさっぱりわからないけど、ウクライナの公開した映像を見たら、小さなモーターボートで数人が上陸して、たまたま岸辺にあったクレーンの上に国旗を掲げただけのようである。
激しい戦闘のあと、一個大隊でも上陸したのならともかく、これではプロパガンダ映像撮影のために、少人数がゲリラ的に東岸まで往復してきただけじゃないか。
ABEMAテレビも、こんなものを速報だって流すなよ。
これまでの経緯と比べても「実践者の」は正確なことばかりなので、これがまたゼレンスキーさんの強がりでないことを祈るばかりだ。

「実践者の」の12月1日の記事に引用された「ミリタリーサマリー」の情報によると、ロシア軍がヘルソン市を手放してドニエプル川の東岸に撤退したのは、ウクライナ軍を徹底的に壊滅させるためのワナだということである。
ここ数日ミサイル攻撃が止んでいるという報道もあり、その理由が思い当たらないんだけど、相手を思い切り引きつけて、一気に決着をつけようとしてるんじゃないのか。
いずれにしてもここ数日のなりゆきを見れば、どっちが優勢かもわかるだろう。
部外者のわたしは、固唾を飲んで戦況を見守るばかりだ。

ウクライナ不利の状況はほかにもある。
悩んでしまえばいいのか、笑ってしまえばいいのか知らんけど、今日のヤフーニュースに「NATOが海底インフラの警戒強化」というものがあった。
ロシアがウクライナのエネルギー網を破壊しているので、また海底のガスパイプラインを破壊されないように、警戒するってことらしい。
常識的に考えると、ロシアのものであるパイプラインの破壊を試みるのは、米国か英国以外にあり得ないので、これを警戒してくれるならロシアとしては大助かりだ。
NATOはどういうつもりでパイプラインの警戒をしようというのか、悩めばいいのか、笑えばいいのかというのはこういうことである。
あるいは西側は、和平交渉を頑として受け入れないゼレンスキーさんに手を焼いて、引導を渡すべく工作しているのではないかとさえ思ってしまう。

| | | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

またNHK

映画はふつう1秒24コマで作られているけど、そのなかにひとコマだけ異質の映像をまぎれこませておくと、人間には正体がはっきりわからなくても、それが潜在意識となって脳に刻み込まれるんだそうだ。
これはむかしカルト宗教が信者の勧誘に使った手だけど、どうせデタラメだろう。
たとえ124秒でも、人間の目はそこになにか混じっているということを認識できるので、映像のじゃまになるものである。

最近国民の目がウクライナから離れてきたので、NHKはしゃにむにこの手を使っているらしい。
とにかくあらゆる番組にプロパガンダを潜り込ませて、日本人の脳みそにウクライナ問題を潜在意識として刻み込もうというつもりのようだ。

先日のニュースに、大戦中にユダヤ人を救った樋口季一郎という日本の軍人が取り上げられていた。
ユダヤ人を救った日本人というと、日本のシンドラーといわれる杉原千畝が有名だけど、ほかにもそういう人がいたのかと感心した。
ところが樋口が軍人としてナチス政権下のドイツを視察し、寒さのなかで餓えに苦しむユダヤ人を見てこころを動かされたという内容を観て、なんだ、これは、ウクライナ戦争のプロパガンダじゃないかと思い当たった。
いまのウクライナでは、これから寒さに向かう時期なのに、一般市民がロシアのエネルギー施設への攻撃で苦しんでいる。
ロシアは非人道的だと、本当はそっちのほうがいいたいらしい。

こんなふうに最近のNHKには、一見しただけではわからないけど、本音はじつは別のところにあるという番組がひじょうに多い。
とにかく、なにがなんでもロシアをけなして、ウクライナを擁護しようというNHKの姿勢は、失望を通り越してあきれかえってしまう。
英国の放送局でさえ、ここまでやらないんじゃないか。
なにも考えずに共産主義はケシカランという人に、プーチン以前と以降で、ロシアがどんなふうに変わったかということを、もういちど考えてほしい。
それを知らないと、カルト宗教まがいのNHKの謀略に引っかかってしまうだけだ。

| | | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

終わりの始まり

前々項でふれた「遠隔透視・実践者の苦闘」というブログの過去ログをながめて、そこに書かれていることがプロパガンダではなく、納得できることばかりなのにひたすら感心している。
いくつか例を挙げてみよう。

ちょっと過去ログをさかのぼるけど、1121日の「実践者の」の記事には、ゼレンスキーさんは超右翼の主戦派に囲まれていて、交渉の道を選んだら殺されるとまで書いている。
真偽を確認できない情報だけど、わたしもそれ以前から、ゼレンスキーさんをとりかこむ環境に不穏なものを感じていた。
彼が和議を口にしたり、徹底抗戦を主張したり、首尾一貫してないのは、こういう事情があったんじゃないか。

11月23日の記事では、ウクライナ軍はロシア軍に追われて森に逃げ込んだけど、その森をロシア軍が焼き払ったので、ウクライナの兵士たちにとっては自殺行為だったとショッキングなことが書いてある。
じっさいにそういう戦いがあったのか、これも真偽をたしかめるすべはないけど、ロシア軍の被害ばかりを強調するこちら側の情報は信用できない。
ふつうに考えるとウクライナもロシアと同等か、それ以上の被害を出していると考えるべきだから、こういう悲劇があってもおかしくない。

この件については、12月1日の記事に納得できる説明があった。
EUの委員長であるファン・デア・ライエンさんが、ロシアを戦争犯罪人として裁こうと、ウクライナでは兵士の死者が10万人も出ていると発表したら、ウクライナから文句をいわれたそうだ。
この数字が正しいかどうかは別にして、おそらく死者の数はロシアよりずっと多く、そんなものがバレたら国内の厭戦気分が高まってしまうので、ウクライナはこれまでも自国の戦死者の数をひた隠しにしてきたのだろう。
どおりでウクライナ側の被害が出てこないはずだ。

ちょっとまえに、プーチンが戦死した兵士の母親たちに面会して、こちら側のマスコミからけなされていたけど、1127日の「実践者の」の記事には、プーチンは母親たちの声に正直に答えて理解を求めたとある。
プーチンの性格はそういうものだとわたしも思っているから、これも納得できることで、母親たちとの面会でプーチンの人気が失墜したという情報はいまのところない。
もちろん不満をもつ母親もいただろうけど、西側のマスコミがそういう少数派の母親の不満だけを拾い上げたことはあきらかだ。

11月29日の記事では、ウクライナでは多くの市民が水も電気も使えない生活を強いられていると書いてあるけど、これはNHKの報道と合致する。
だからロシアは非人道的だというけど、エネルギーのインフラ攻撃は、アメリカやNATOがアフガンやシリア、イラク、コソボなどでまっ先に実施した作戦だった。
これに異論をはさむ余地はないし、最終的にアメリカは、ベトナムでもアフガンでもその国の国民を放り出して逃げ出したと書いていた。
その通りではないか。

すこしまえにネットに、ロシア軍がザポリージャ原発から撤退の兆候があるという報道を見たことがあり、どうして自分たちが掌握している原発から撤退するのかなと不思議に思ったことがあるけど、「実践者の」の1130日の記事は、ロシア軍は原発から撤退しないとはっきり書いている。
そしてじっさいにロシア軍は撤退してないのだ。
これではこのブログ、あるいは「ミリタリーサマリー」のほうが、マスコミの発表より信頼できるということになってしまう。

「ミリタリーサマリー」がどんなサイトなのかわからないので、決定的なことはいえないけど、少なくとも客観的事実に関してデタラメはいってないようで、黒海にいるロシアの軍艦からミサイルが発射されるということは、昨夜(2日)のNHKニュースで裏付けられた。
前述のEU委員長ライエンさんの発言も昨夜のニュースに出てきたけど、なるほど、死者数について触れた部分はなかった。
そして「Mサマリー」によれば、いよいよウクライナ戦争の終わりが始まったそうである。
それが事実かどうか、もうすぐわかるはずだ。

| | | コメント (0)

2022年12月 2日 (金)

江沢民さん

中国で江沢民さんが亡くなった。
水に落ちたイヌは叩かれるのが通例だった中国で、それでも96歳だったというから、あの国も先輩を大切に扱うことが常識になってきたのだろう。
目下、アメリカに追従して中国叩きにも参加しているNHKとしては、また含むところアリの表現だ。
江沢民さんは鄧小平の大国化路線を引き継いだ一方で、靖国問題などで日本を責めることよって、国内をまとめた指導者であったと(余計なことを)付け加える。

しかし考えてもみてくれよ。
彼が指導者であったのは、1989年から2003年にかけてで、その後も日中関係は順調に発展し、たくさんの中国人が来日して、爆買いなんてことをして家電業界をうるおした。
それはみんな江沢民さんの引退後のことなので、彼の姿勢が日中関係に悪影響をおよぼしたとはいえない。
怒涛のように日本にやってきた中国人は、日本の品物はなんでも信用できる、街はきれいだ、人間はやさしい、ラーメンもギョーザも美味しいと日本の素晴らしさに感動した。
上が扇動の旗を振らないかぎり、中国人は韓国人なんかと比べると、ずっとすなおな人々なのである。

ところで現在の中国では、ゼロコロナ政策に不満を持った国民が街頭に繰り出し、デモが頻発しているという。
ひょっとするとこれが中国崩壊の始まりになるかも知れないと、これはもちろんNHKと西側先進国の願望。
また考えてみてくれよ。
自分の国が順調に発展してきて、そのうちアメリカをもしのぐ世界一の大国になろうかというときに、自国の体制をひっくり返してほしいと願う国民がいるかね。
この件では三浦瑠麗さんというきれいなオンナの人が、わたしと同意見だということがわかった。
彼女は女優やタレントではなく、国際政治学者である、なんてことを昨日はじめて知ったワ。

美人を見るとすぐ脱線してしまうわたしだから、そんなことはどうでもいいけど、デモが頻発するのは国民が自由にものをいえる国になったことの証明じゃないか。
逆説的に聞こえるかも知れないけど、中国が強権をふるっているように見える原因は、ことさら中国の脅威をあおった米国や西側にある。
こちらが脅威をあおり、警戒すればするほど、中国人も疑心暗鬼になることがわからんのだろうか。
デモや政権批判にしても、いまこういう時期だから、どうせ西側が反体制派に手をまわして、かげで糸を引いているんだろうと彼ら(とわたし)が思うのは当然だ。
習近平さんの3期目突入にしても、独裁がかたまったなんて悪口をいう人がいるけど、いまは国難のときだというので、中国はほうっておいてもひとつにまとまる可能性のほうが高い。

かっての中国ではトップに座った者が、まわりを自分の支持者で固めるのが当然で、これが西側のつっこみどころになっていた。
またまた考えてみてくれよ。
そんなことは日本でもアメリカでもやっているよ。
江沢民さんや胡錦涛さんを見ればわかるように、失権した者を粛清しなくなっただけでも、中国のグローバル化、まっとうな大国への歩みは進んでいるじゃないか。

わたしは未来を想像するのが好きだけど、アメリカが核戦争でも起こさないかぎり、中国の大国化はだれにも止められないと思う。
自分が生きて新しい大唐帝国の復活を見られないのが残念だ。

| | | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

ミリタリーサマリー

バイデンさんが意気消沈しちゃって、ウクライナ戦争の推移がさっぱりワカランだけど、ココログのブログのなかに興味深いものを見つけた。
遠隔透視・実践者の苦闘」という、わかったようなわからないようなタイトルのブログである。
このブロガーは「ミリタリーサマリー」という、現地からの情報を参考にして記事を書いているらしいけど、この「Mサマリー」というのは、ぜんぶ英語のYouTubeサイトなので、劣等生のわたしにはさっぱり意味がわからない。
しかしなんとなく、ウクライナの戦場からのなまの報告、つまり軍隊同士の連絡や、兵士たちが利用するSNSの会話などから構成されるサイトのようである。
このブログはどちらか一方に味方するつもりではなく、ただ現地のようすをプロパガンダ抜きで知るために「Mサマリー」を利用しているらしいから、これは現在考えられる最良の客観的なウクライナ報告かも知れない。

「実践者の苦闘」によると、ウクライナ軍の戦況はあまりかんばしいものじゃないようだ。
しかも内容はわたしが戦争の初期から考えてきたこととほぼ一致していて、無理なプロパガンダを感じさせないことばかりだ。
そんなことを、ロシアの味方であるわたしがいっても信じられないだろうから、「実践者の苦闘」と「Mサマリー」の両方にリンクを張っておくので、言葉のわかる人はもとネタを読んでみたらどうだろう。

| | | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

NHKの報道

ああ、わからないよー。
数日まえにはロシアはミサイル不足だなんて報道を見たのに、今度はロシアが新たなミサイル攻撃を始めるって。
しかもどちらも西側の報道だ。
いったいロシアのミサイルは足りないのか、足りているのか。
プーチンはもうプロパガンダに熱心でないみたいで、黙して語らず、ひたすら戦争に専念しているように見える。
ところでバイデンさんはどこへ行ったの?

中国のほうでは国民がお上に向かって声を上げ始めたそうだ(NHKによると)。
ということは、あの国がますます自由にものをいえる国になったという証拠でもあるのに、そんなことを指摘する人はぜんぜんおらんねえ。
日本や英国が大騒ぎをしているところは、大国然とした中国を、烏合の衆がとりまいてピーチクパーチク騒いでいるようにしか見えない。
相手には相手の立場があると考えれば、岸田クンもそんなに卑屈になる必要はないのに。
ところでバイデンさんは?

そのままニュースを観ていたら、ドラえもんに影響された中国人の世代というのが出てきて、日本の影響を受けたことをすなおに話すし、明日(30日)には日中国交正常化50周年の特別番組を放送しますって。
これじゃあNHKのスタンスがさっぱりわからないけど、どうもなにか企んでいるような気がする。
え、わたしの目をごまかせると思っとんのか。
セコイことはやめろ。

ニュースにはW杯に熱狂するイラン人も出てきた。
ところが街で勝利に浮かれているイラン国民を見ると、なぜか頭巾をかぶらずに、髪の毛を露出した女性が多かった。
そりゃイラン市内ではなく、カタール市内の映像じゃないかという人がいるかもしれないけど、わざわざカタールまで行ってカフェでサッカーを観戦するイラン人がいるかね。
わたしは以前からイラン女性の美しさに感心しているので、そういうことは見逃さないのだ。
イランについてもNHKの報道はウソばかりじゃないのか。

| | | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

今日の中国

ケンカを売ることより仲良くしようという気にはならんもんかいね。
あちらを叩けば今度はこちらだ。
昨晩のニュースでは、西側諸国(とNHK)は、今度は中国を叩こうと必死だ。
ゼロコロナ政策の無策をとがめて、習近平やめろと中国の各地でデモが起きているそうだけど、まずいときにまずいことを始めたもんだ。
あ、いや、これはデモ隊のほうのハナシ。
いまの時期はアメリカや西側諸国がむきになってケンカを吹っかけてきているときで、中国にとってはまさに国難というところである。
中国国民の多くがそう感じているときにデモを煽っても、彼らがそんなものに乗ってくるかしら。
中国人というのは乗せられやすい人たちではあるけどね。

どこの国にも反体制活動家というのはいる。
そういう人間を見つけてきて、不満を煽るのは、お上の政策に満足しろと説得するよりは簡単だ。
指導部をけなす理由がないものだから、ゼロコロナ政策をやり玉に上げているんだろうけど、これについて明確にこうすべきだという代案のある人はいるかね。
従順な国民ばかりの日本でさえ、患者はちっとも減らないのだ。
日本とちがって伝統的にお上のいうことを聞かない国民をかかえて、このやっかいな病気を抑え込みたい中国政府としては、なにがなんでも家に引っ込んでいろと強制するしか方法がないんじゃないか。

たしかに共産党の一党独裁では、国民に有無をいわせないという問題がある。
日本ならだれがなにをいおうと自由勝手で、無責任な発言が横行しているけど、コロナについてだれも解決策を持ってないことは事実だから、上からいわれた方法にしがみつくのは硬直した官僚主義の名残りかも知れない。
そんなことはともかくとして、中国が感染者を家に閉じ込めておくのは、日本にとってはありがたいことなんだし、それにいちゃもんをつけるのはどうかと思う。
しかも文句をいってるのはウクライナのときとまったく一緒で、アメリカ、英国、そして日本のNHKがその筆頭だ。
また始まったかと思うのはわたしだけかい。

BBCは上海で取材を拒否されたという。
そりゃそうだ。
これまでの経過を眺めると、BBCは中国批判の急先鋒で、あらゆることで中国が不利になるよう捏造報道をしているところだから、科学番組で定評があり、わたしもそのすばらしさでは文句のつけられない放送局とは、とても思えない。
今日は新しい首相のスナクさんが、貿易が社会や政治の改革につながると思ったらアマかったと発言していた。
中国がいうことを聞かなかったら、もう貿易はしてやらないつもりみたいだけど、いいのか、そんな大見得を切って。
なにしろあちらは世界一の購買者をかかえた国でもあるよ。

義を見てせざるは勇なきなりで、またわたしの反骨精神がむずむず。
今度は世界でゆいいつの、中国に理解をしめすブログになるような気がするけど、世間のみなさんはそういうことにあまり興味がないみたいね。
ここんところわたしのブログ、アクセスが乱高下してるよ。
今日はなんとか3桁に届いたけど、昨日は30ぽっちだ(知り合いと親戚分を引くと)。

| | | コメント (0)

2022年11月28日 (月)

今日のNHK

1128

録画してあった「にっぽん百名山・秋田駒ヶ岳」を観たら、熊谷久美子という山岳看護師の資格も持つガイドさんが出てきた。
もとはなにかスポーツをしていた人かも知れないけど、足が長いのに下半身はそんじょそこいらのニワカ山ギャルと違って、がっちり安定しているところがひじょうに魅力的。
わたしってこういうタイプに弱いのよね。
これがNHKではなく民放の番組だったら、同じ女性が出演していても、魅力は半減していたと思われる。
こういう熱烈なファンの声にどう答えるのだ、え、NHKは。

そんなことはどうでもエエ。
同じく録画してあった「捏造の世紀」、いや「混迷の世紀・揺らぐ“食”の秩序」という番組を観たら、世界の食料問題の原因は地球温暖化や、高く買ってくれるところに売ろうという資本主義の原理にこそあるはずなのに、なーんでロシアが、ロシアがという言葉ばかり出てくるのさ。
「混迷の世紀」シリーズは、例によってロシアをおとしめようというプロパガンダがいっぱいで、そのために新たに企画された番組なんだろうと思ってしまう。
こんなことばかりして、そのうちロシア・バレエの放映いっさいまかりならんということになったらどうしてくれるのだ。

そのプレミアムシアターは、昨夜はパリで行われたパリ祭コンサートだったけど、きれいどころの歌手やピアニスト(アリス=紗良・オット)が動員されていて、これもなかなか見どころがあったねえ。
そうかと思えば今日のシネマは、アカデミー賞の外国語映画賞をもらったとかいう「おくりびと」という映画なんだけど、これってわたしがけちょんけちょんにけなしたことのある映画だ。
まったくNHKは玉石混交だな。
どうでもいいけど、幼稚なプロパガンダだけはヤメロ。

添付したのは、わたしが花壇に植え付けたサクラソウ2種。
あいかわらず趣味が支離滅裂で、異常性格だと自分でも思ってしまいます。

| | | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

台湾の事情

夜中にテレビを観ていたら、台湾で与党が惨敗というニュースが飛びこんできた。
勝利したのは蒋介石の流れをひく国民党で、どっちかというと大陸中国に近い政党である。
思ったより早くアメリカが恐れていた事態がやってきたのかも知れない。
わたしは中国の台湾侵攻はないといい続けてきたけど、台湾人が自分の意思で大陸を選択すれば、もう中国の台湾侵攻を阻止するなんて言い分は通用しない。

台湾だって若年層をのぞけば、なんでもかんでも民主主義がいいというわけじゃないのだ。
アメリカに従属すれば、ウクライナみたいに最初は威勢よくても、アメリカ国内の都合でいともかんたんに切り捨てられる。
年配者はいまの中国がかっての共産主義国ではないと知っているし、冷静に眺めればアメリカは早晩沈みゆくタイタニックなのだから、それより以心伝心で、おたがい気心の知れた中国に寄り添うほうが、将来的にもマチガイがない。
さらにまずいことに、いまの米中関係をながめると、ケンカを吹っかけているのはつねにアメリカのほうで、中国は挑発にのらず、じっと耐えているところだということもわかるだろう。
中国は経済が停滞しているという人もいるけど、そりゃアメリカが邪魔をしてるからであって、重しが外れさえすればまた怒涛の発展の再開だ。

アメリカより中国にくっつくほうが得だと考えたら、中国人は民主主義だ、ヘチマだとややこしいことはいわないのである。
なりふりかまわず中国の悪口をいってる人たちは、これからどうするだろう。
ウクライナ戦争がロシア有利で終結し、台湾は中国と手を組むということになったら、やっぱり孤立するのはアメリカとG7かも知れない。
日本の岸田クンは・・・・そうか、彼はそんなにいつまで首相でいられないかも知れないからどうでもよくって、偏向報道局の日本の公共放送はどうする、どうする、どうすんのよ。

| | | コメント (0)

«今日のオキザリス