« 雨の日 | トップページ | 猫 »

2007年6月23日 (土)

いちゃもん

先日、NHKテレビの「クローズアップ現代」を見ていたら、国谷裕子ネエさん(このヒトいくつになるんだろう)が沖縄から中継していた。
この日のテーマによると、太平洋戦争末期の沖縄での集団自決について、最近、教科書にいろいろ検定意見、ようするに文部科学省からいちゃもんがついているのだそうだ。

いちゃもんを要約すると、沖縄での集団自決に日本軍は関与していないというものらしい。

しかし、たとえば南京事件や靖国参拝については異論が多々あるのはわかるけど、沖縄の集団自決まで異論を持ち出すのはムリなんじゃないか。
これは、もともとは1冊の本と1兵卒の訴えから始まったいちゃもんらしい。
しかし(1冊の本の著者はそういう意図ではないということを明確に証言)、じっさいに言ったか言葉で残したかは問題じゃないでしょ。


戦争末期に、やれ死守しろ、玉砕しろ、死ね、死ね、死んじまえとわめきちらしていた日本軍が、みんなで死ねばこわくないというんで、沖縄島民をまきぞえにしようと考えてもおかしくない。
日本人の和の精神というのは、平和時にはそれなりいい点もあるけれど、敗戦濃厚な極限状態になると、てめえだけが生きのびるのはケシカランという話になってしまうから。


どうもいちゃもんをつけた審議会の委員さんは、「客観的」という言葉の意味も知らないようだ。
たくさんの意見を平らにならして平均を求めたのが「客観的」というもので、少数の意見を針小棒大にとりあげていたのでは、どこかの大新聞の轍をふむことになりゃしないか。
こんなゴリ押しをしていると、南京事件や靖国参拝まで国のゴリ押しだと思われかねないぞ。

| |

« 雨の日 | トップページ | 猫 »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちゃもん:

« 雨の日 | トップページ | 猫 »