« キンカン | トップページ | Tiffany »

2007年8月10日 (金)

空蝉

Photoブログのネタ探しにいく。
うちの近所には崖線という特殊な地形がある。
それとはっきりわかる地面の段差が、となりの街からわたしの街を通って、反対側のとなり街までえんえんと続いているのである。
最初はこれを断層かと思い、こんなものがあるようじゃ地震のときブッソウだなと考えたが、じつは多摩川の河岸段丘のひとつで、危険なものではないそうだ。
崖線の上に遊歩道があって、木がたくさん茂っているから、散歩するには涼しくていい。

ここでセミの抜け殻を見つけた。
今年はセミの当たり年という新聞記事を読んだおぼえがあるけど、いまのところセミがとくべつ多いような雰囲気はない。
セミの抜け殻は、古風でおくゆかしい言い方をすると 「空蝉 (うつせみ)」 ということになる。
ブログのネタに困っていたわたしは、この言葉からたちまちネタをでっちあげてしまう。

「源氏物語」 という平安時代のオンナの人が書いた古典小説があって、これは54のパートに分かれており、それぞれにタイトルがつけられている。
タイトルを最初から列挙すると以下のとおり。
 桐壷 (きりつぼ)  帚木 (ははきぎ)  空蝉 (うつせみ)
 夕顔  若紫 (わかむらさき)  末摘花 (すえつむはな)
 紅葉賀 (もみじのが)  花宴 (はなのえん)  葵
 賢木 (さかき)  花散里 (はなちるさと)  須磨  明石
 澪標 (みおつくし)  蓬生 (よもぎう)  関屋
 絵合 (えあわせ)  松風  薄雲  朝顔  小女 (おとめ)
 玉鬘 (たまかづら)  初音 (はつね)  胡蝶  蛍
 常夏 (とこなつ)  篝火  野分  行幸 (みゆき)
 藤袴  真木柱 (まきばしら)  梅枝 (うめがえ)
 藤裏葉 (ふじのうらば)  若菜・上  若菜・下
 柏木 (かしわぎ)  横笛  鈴虫  夕霧  御法 (みのり)
 幻 (まぼろし)  雲隠 (くもがくれ)  匂宮 (におうみや)
 紅梅  竹河  橋姫 (はしひめ)  椎本 (しいがもと)
 総角 (あげまき)  早蕨 (さわらび)  宿木 (やどりぎ)
 東屋 (あずまや)  浮舟 (うきふね)  蜻蛉 (かげろう)
 手習 (てならい)  夢浮橋 (ゆめのうきはし)

わたしは源氏物語を全巻通して読んだことはないけど、このタイトルを最初から順番に口ずさんでみるのが好きである。
これはタイトルだけで詩になっている。
ひとつひとつが日本の伝統美の象徴のようでもあり、とくに 「夢浮橋」 で終わるところがなんともいえずいい。
なんでえ、吉原の遊女の名札かと思ったよ、なんて人もいるかもしらんけど。

|

« キンカン | トップページ | Tiffany »

深読みの読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空蝉:

« キンカン | トップページ | Tiffany »