« 空蝉 | トップページ | お盆 »

2007年8月11日 (土)

Tiffany

ジヤズを聴いてきた。吉祥寺のライブハウス 「SOMETIME」 である。
この店にはたまに行くんだけど、今日の出演は、わたしの初めて聴く Tiffany さんという黒人系の女性歌手。
写真で見ると若き日のサラ・ヴォーンて感じなんで、こりゃ行かにゃなるめえと。

Tiffany さんは100パーセント黒人かと思っていたが、じっさいには肌の白さからして、白人かアジア人の血が入っているようだった。
すこぶるつきの美人であるけど、体格がひじょうにいい。
歌手にとって体格がいいというのは欠点にはならない。
ボサノバなんかを歌わせると、ボサノバ本来の軽い調子ではなく、熱っぽく歌ってしまうところがあるようだが、これも欠点とはいえないんじゃないか。
わたしには彼女がときどき、歌の合い間にサッチモのような強烈なスマイルを見せるのがおもしろかった。

彼女について、あらかじめ調べてみたら、これまでに2枚のCDを出している実力派らしい。
歌っているのはスタンダード・ナンバーが多いようで、これはうれしいことである。
落語なんかでもそうだけど、わたしは新作落語より古典のほうが好きなもんで。

バック・ミュージシャンは 「鳥尾さん」。
こういう名前のピアニストかと思ったら、これはわたしの知っている別のライブハウスで、月一コンサートをしているピアノ・トリオだった。
女性ばっかりのピアノ・トリオで、「鳥尾さん」 は 「トリオ3」 のシャレらしい。
このバンドでピアノを担当しているのは中島弘恵さんで、どこか若いころの秋吉敏子みたい。
ドラムは理知的な顔をした安永春美さんで、暴力的なドラムスをこんな美人が担当していいのかと悩む。
ベースの伊東里栄子さんなんか楚々とした少女で、大きなベースにしがみついているのが痛々しいくらい。

Tiffany さんのこの日の歌は 「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」 から始まって、「イパネマの娘」 や 「ス・ワンダフル」 など、スタンダード・ナンバーが 7曲ほど。
これで前半のステージが終わり、ビール1本でねばった気の弱いわたしは、そのへんで店を出てしまった。
わたしの音楽に対する評価の基準は、楽しめたかそうでなかったかの二つしかない。
いい気分で帰路についたのは、まさか1本のビールのせいじゃないだろう。

|

« 空蝉 | トップページ | お盆 »

聴きまくりの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tiffany:

« 空蝉 | トップページ | お盆 »