« チベット | トップページ | 「ひどい映画」の追伸 »

2007年10月11日 (木)

ひどい映画

000a_7

月曜日に「パンズ・ラビリンス」という映画を観てきた。
べつに観たくて観たんじゃなく、映画館まで行ったら、たまたま別の観たい映画がやってなかったからである。

“パンズ” のパンは神話に登場する半人半獣の牧神のことで、“ラビリンス” というのは迷宮のことだそうだ。
どうやらコンピューター・グラフィック (CG) を多用した、小さな女の子が主人公のおとぎばなしみたいな映画らしかった。
12歳未満お断りとあったから、ひょっとするとロリコン映画かも・・・・・・

ひどい映画だった。
12歳未満お断りとあったのは残酷シーンが多いせいだった。
おとぎばなしだったらもっと抒情的でなくっちゃいけないし、ホラー映画なら小さな女の子なんか前面に出すべきじゃない。
CGを使えば、ほっぺたを切り裂かれたシーンもリアルに表現できるからって、あのねえ。

こんな映画をつくった人、それをケチョンケチョンにけなさない批評家、嬉しがって観にいく人 (あまりいないと信じるけど)、世の中いったいどうなってんだと絶叫したくなってしまった。
昨日はBSで 「エデンの東」 が放映された。
この両者のあまりの落差に愕然としてしまう。 日本の未来はクラい。

|

« チベット | トップページ | 「ひどい映画」の追伸 »

壮絶の映画人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひどい映画:

» 月曜日 [isimaru 22]
はじめまして、こんにちは、関連記事なのでトラックバックさせていただきました。ヨロシクお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 13時55分

« チベット | トップページ | 「ひどい映画」の追伸 »