« ビデオ映画 | トップページ | 日本と中国 »

2007年11月26日 (月)

風邪の2

風邪はどうなったのか。
なんとか押さえこんだのか。
なんとか押さえこんだといってもいいくらい、現在は症状は軽い。
でもまだ、完全に治ったわけじゃない。

最初頭にきた、もとい、頭がぐらぐらして微熱と倦怠感におそわれたという症状が、現在はセキとノドの痛みになってきた。
こんなふうにウイルスは刻一刻と性格を変えて、ワタシの体の中の、病原菌を退治する抗体から逃げまわっているらしい。
素手でウナギを掴まえようとしてるようなもんか。

以前にひいた風邪では下痢をしたことがある。
風邪で下痢というのが理解できなかったので、食当たりかと思って正露丸をポクポクかじってみた。
しかしいつになっても下痢が治まらないので、こりゃもっと陰険な病気じゃないかと思い、病院へ行ってみた。
ふつう風邪ぐらいじゃ病院に行くことはないのだが。

診察した女医さん、なぜか女医さん、とにかく女医さんは、一発で風邪であると看破した。
ブスッと太い注射をぶたれて、ウソみたいにあっけなく治ったけど、まったく最近の風邪は油断がならない。
いまの風邪が便秘だとかアルツハイマーに変化しないという保証があるだろうか。

|

« ビデオ映画 | トップページ | 日本と中国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪の2:

« ビデオ映画 | トップページ | 日本と中国 »