« 原民喜とエノラ・ゲイ | トップページ | タマゴかけご飯 »

2007年11月 3日 (土)

鏡子さん

アノ朝日新聞が韓国の大統領への会見記事を載せていた。
すでに韓国でもレームダックとよばれている大統領への会見にどんな価値があるのか知らないけど、一方的な相手の意見を取り上げて得意満面である。
アホらしい。

そんなことはどうでもいいけど、三面記事に猫塚再建記念の映像発見というニュースが載っていた。
猫塚というのは、夏目漱石の 「吾輩は猫である」 の主人公の墓のことである。
この主人公は漱石の家で飼われていたネコがモデルらしいけど、架空の物語のネコだって、有名になればちゃんとお墓ができちゃうのである。

ここに夏目漱石の奥さんだった鏡子さんの写真も載っていた。
鏡子さんというと、漱石に関心のある人にとってさけて通れない存在で、いろいろと漱石を悩ませた人としても知られている。
ただし、鏡子さんの名誉のために言い添えると、ほとんどは漱石が勝手に妄想しただけの悩みだったようだ。

ただ、鏡子さん本人の写真はあまり多くないようで、わたしもこの新聞の写真を見るまで、どんな風貌の人だったのかぜんぜん知らなかった。
美人のほまれ高かった森鴎外の奥さんと比べちゃ気のドクだけど、新聞にはあっけらかんと笑う庶民的な女性が写っていた。
なるほどね。
やっぱり漱石の悩みは当人の思い過ごしだったんじゃないかと考えて、なぜか安堵した。

|

« 原民喜とエノラ・ゲイ | トップページ | タマゴかけご飯 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鏡子さん:

« 原民喜とエノラ・ゲイ | トップページ | タマゴかけご飯 »