« ふたつの番組 | トップページ | 宇宙人 »

2007年12月19日 (水)

音楽というものは

ネット通販で注文してあったレッド・ガーランドのCDが届いた。
わたしがいちばん聴きたかったのは、この中の 「セント・ジェームス病院」 なので、なにはともあれ、その曲を聴く。

・・・・・・・・・・
わるくない。
わるくないけど、うーん、なにがなんでも聴かなくちゃというほどの演奏とは思えない。
オリジナルがすばらしい歌は誰が歌ってもすばらしい場合が多いと書いたばかりだけど、たしかにそのへんのバーで、彼女といっしょにしっとりと聴くにはいい演奏だ。
しかし名うての演奏家が演奏してるんだから演奏がいいのは当然である。
しかし、たましいをゆさぶられるような演奏というよりは、イージーリスニングみたいにも思えてしまう。
イージーリスニングとの違いは演奏者の顔が見えることぐらいか。
たましいをゆさぶられるというと偉そうに聞こえてしまうけど、たとえばアニマルズの歌った 「朝日のあたる家」 なんかに比べると、どっちがすばらしいかは一目 (一耳?) 瞭然だ。

こういうことはよくある。
ジャズの演奏者の大半は、テクニックもセンスも言うことなしの音楽家であるけれど、ろくな音楽教育も受けていない英国のチンピラ・ミュージシャンの歌のほうがずっといいということが。
それで思いついた。
レッド・ガーランドの 「セント・ジェームス病院」 は、ロックを20曲ばかり立て続けに聴いて、いささか脳みそが疲弊したときに聴くと、癒しの効果がバツグンなんじゃないか。

いろんな効能があるもんだな、音楽ってのは。
これが1800円なら安いド。

|

« ふたつの番組 | トップページ | 宇宙人 »

聴きまくりの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽というものは:

« ふたつの番組 | トップページ | 宇宙人 »