« 田植え | トップページ | コイとナマズ »

2009年6月10日 (水)

また鳩山クン

まだ鳩山クンが郵政省にいちゃもんをつけているけど、わたしはどうもこの人が好きになれない。
野心を秘めたスタンドプレーじゃないかという気がして仕方がないのである。

彼のいっている 「かんぽの宿」 の売値が安すぎるという問題について、朝日新聞も書いていたけど、この売却は破たん処理の意味合いのつよいもので、金融危機以前の政策としてはまっとうなものであり、いまごろゴタゴタ言うのはおかしいと。
つまり、これ以上持っていると赤字が累積するいっぽうだから、民間企業に買い取ってもらおうということで、政府の側から値段を決められるものではなかったということである。
なにがなんでもいちゃもんをつけたい鳩山クンは、この取引になにか不正があったのだろうと疑って、自らの指示で調べさせたらしいけど、けっきょくあきらかな不正は発見できなかったそうだ。

アノ朝日とわたしに揶揄される反自民党の朝日新聞でさえ、彼のいちゃもんはおかしいと書いているのである。
今回の社長の続投ケシカランにしたって、是正すべき問題はあるけど、所轄大臣 (の鳩山クン) が権限を行使して、トップの首をすげかえるほどの必要があるだろうか、と書いている。

あまりいちゃもんがつぎつぎと出てくるもんだから、やっぱりこの人は郵政民営化に反対で、小泉改革をもとの木阿弥にしたがっているだけ、そうやって自分を目立たせているだけ、そして将来は総理大臣になりたいという、だいそれた夢を抱いているんじゃないかと、どんどん先まで考えちゃうのは邪推というものか。
わたしが鳩山クンをキライなのは、この人が思いきった改革のできない守旧派で、変人 (小泉クンのことだ) を認めない、古いタイプの政治家のひとりのように見えることもある。

|

« 田植え | トップページ | コイとナマズ »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また鳩山クン:

« 田植え | トップページ | コイとナマズ »