« 煩悶 | トップページ | スズメおどし »

2009年8月28日 (金)

選挙

2、3日まえの新聞に今回の選挙に対する識者の意見がいくつか。
この中でわたしが同感と思ったのは、作家の矢作俊彦さんの意見で
「支持はダブルスコアで民主党なのに、その主要政策はあらゆる世代で期待されていない」 「国民的な期待は、ただただ 『チェンジ』 にあるのでしょう」
「どうせ歴史はAをBに取り換えるようには変化しない」 「一度破壊して、はじめて別の何かが生まれる」 というもの。
いろいろあるけど、まあ、こんなところじゃないかしら。
民主党が政権をとってもなんの展望も見えるわけじゃないけど、とにかく一度は政権交代をという乱暴な民意で、今回の選挙では政権の交代は確実にみえる。

ここ数日は新聞にさまざまな分野からの要望ばかり。あちら立てればこちらが立たず、こちら立てればなんとかってやつで、すべての要望に応えていたら日本はまちがいなく破産だってくらい。
なんでこんなにお金がかかる社会になっちまったんだろうと、わたしもその原因についてじぃっと考えているんだけどねえ。

|

« 煩悶 | トップページ | スズメおどし »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙:

« 煩悶 | トップページ | スズメおどし »