« キャンプ | トップページ | 村上春樹の本の2 »

2009年8月 8日 (土)

クロッサンドラ

236

もう2カ月も前になるけど、部屋にかざるために鉢植えのクロッサンドラ(かがり火という名札がついていた)という花を買ってきた。
この花はずっと以前にも買ったことがあるけど、あまりアブラムシもつかないし、水さえやっておけば次から次へと花をつけるので、わたしのようなずぼらには手のかからないありがたい花である。

と思って買ってきたのに、今回のクロッサンドラはどこを間違えたのか、こまかいアブラムシは発生するし、たくさんついていた花はひとつ残らず落ちてしまうし、穂のいくつかは黒ずんできてそのまま枯れてしまった。
どこか具合がわるいらしいと心配したものの、どうにもならずに、アブラムシを指でこそぎ落とし、せっせと水だけはやっていたんだけど、なんとなんと最近、また新しい穂がのびていくつか花がつき始めた。
わたしみたいな人間に飼われたのが不憫だけど、機嫌をなおして、まだしばらくは目を楽しませてほしいものである。

|

« キャンプ | トップページ | 村上春樹の本の2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロッサンドラ:

« キャンプ | トップページ | 村上春樹の本の2 »