« トルコ/エフェス-2 | トップページ | トルコ/ナチュラリスト »

2010年2月17日 (水)

トルコ/エフェス-3

296a 296b 296c 296d 296e 296f 296g

出口の近くに、ガイドさんの説明では数万人が入れるという円形の大きな劇場遺跡がある。
ここで剣闘士がライオンと闘ったのかと、ハリウッド製のスペクタクル映画を見すぎのわたしはつい考えたが、本来は市民集会や演劇のためのまじめなホールだったそうである。
ライオンなんか放したら観客のほうに被害が及びそうだし。

大劇場のいちばん上の座席からずっと遠方をながめる。
エフェスの遺跡は一方の入口から入ってもう一方の出口から出ることになる。
この日はすばらしいい晴天になって、遺跡の出口の先に低い山並みと農地がひろがっているのが見えた。
海は遠い。
それでもこの景色はまたまたわたしの想像のつばさをひろげる。

エフェスの遺跡を見て思うのは、いまここに残っているのは無味乾燥な石の建材ばかりだけど、当時は白いケープの男女がさんざめきながら往来していたんだろうな、哲学者たちがはげしく討論をしていたんだろうな、美しい女性たちがたたずみ、小さな子供たちが走りまわり、さんさんと輝く太陽の下に、あきらかで健康的な文化があったんだろうなってこと。
なんかうらやましい気持ちがしないでもない。

大劇場を見終えるころは (老人の多い) ツアーのメンバーはたいていぐったりしている。
エフェスの遺跡はそのくらい広く大きいのである。

どうも、わたしの古代遺跡観光ははなはだ不真面目なものだけど、ようするにわたしは専門家ではないのである。
遺跡でも自然の中でも異国の文化の中でも、ただぼんやりと夢想しているのが好きな旅人なのだ。
エフェスの遺跡について詳しく知りたい人はネットを探せば、アマチュア考古学者の懇切丁寧なブログやホームページがいくらでも見つかるだろう。
そっちを参照のコト。

| |

« トルコ/エフェス-2 | トップページ | トルコ/ナチュラリスト »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ/エフェス-3:

« トルコ/エフェス-2 | トップページ | トルコ/ナチュラリスト »