« 山ガール | トップページ | 野性たち3景 »

2010年8月20日 (金)

茨木のり子さん

夕刊に詩人・茨木のり子さんの記事。
わたしはこの人の詩がべつに好きではない。
むかし、「わたしが一番きれいだったとき」 という詩を読んだことがあって、それ以来好きでなくなってしまった。
好きでないから興味もない。
興味がないというのはおそろしいもので、彼女の写真も、晩年のものをどこかで見た記憶があるくらい。

ところが今日の夕刊に、彼女のまだ人妻だったころの写真がどーんと載っていて、ちょっと意表をつかれた。
けっして美貌というわけじゃないけど、わたしの想像していた彼女と大幅にちがっていたもので。
つまり、こんな健康そうな人だとは思わなかったもので。
この場合の健康的というのは、けっして太っているというわけではなく、たとえればオリンピックのバレーボール選手みたいな感じ。
同時に掲載されていた、早逝した御主人を想う 「夢」 という詩を読んで、詩についても認識を新たにした。
これからはもうすこしこの詩人に興味をもつかもしれない。

|

« 山ガール | トップページ | 野性たち3景 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨木のり子さん:

« 山ガール | トップページ | 野性たち3景 »