« 珈琲 | トップページ | 勧誘 »

2010年9月26日 (日)

また尖閣諸島

また尖閣諸島問題だ。
船長の釈放について、民主党以外のすべての政党が政府を攻撃しているみたいだけど、文句をいうのは簡単だ。
しかし現実に、ありとあらゆる対抗措置をとらんとする中国に対して、これ以外の方法をとれる政党があるんだろうか。
アメリカだって自分のとこが不景気だもんだから中国の機嫌を損ねたくないし、フランスだって不買運動なんか起こされないようにビクビク。
いまの中国に対抗できる国は世界のどこにもありそうにない。
ましてトヨタも三越も資生堂も、レアアースも中国頼みの日本においておや。

今回の件では中国の恐怖がありあり。
これじゃ北朝鮮とたいして変わらないじゃんと思いたくなるくらい、ルール無視、なんでもありの強引さが目立つけど、いくら資源確保が急務とはいえ、そりゃ中国にとってもいいことじゃないよなあ。
今回の事件後、アジア全域と米国や欧州にまで中国への警戒心がめばえちゃった。
これを機会に日本は中国以外の国と仲良くすべきじゃないか。
インドや東南アジアの各国も、中国の脅威をありありと感じたことだろうから、これはそんなにむずかしくないはず。
いずれの国も日本の資本進出は垂涎のマトなのだし。

外交のひけつは、ひとつの国ばかり相手にするのではなく、両天秤をかけられるような国をつねに持つことである。
そんなことは外務省の役人にはとっくにわかっていて、レアアースについても他の国からの調達を真剣に考えていたらしい。

問題は日本の政治家が、政権をとることや代表争いに汲々としていて、長期的な戦略に目がいかないことだな。
選挙目当てに官僚支配の打破なんていっちゃってるし。
クロマグロの例もそうだけど、日本という国はなにか問題が起きるまでは、いちばん楽でかんたんな方法しかとらない傾向があるみたい。
それではいけない。
つね日ごろから、不買運動に対してはインドやベトナムで即バーゲンのできる態勢をととのえ、中国国内の日本の企業やデパートは周囲を鉄条網でかこい、中国へ旅行する日本人にはアフガン旅行並みの危険性を予告し、中国産のレアアースなんか使わずにすむ技術を真剣に考えるべきだ。

将来をにらんでみよう。
中国は日本が戦後半世紀以上かかった先進国への道を、それよりずっと短い期間で成し遂げようとしている。
おそらくあと10年、遅くても20年で、中国の生活レベルは先進国なみになる。
ということは労働者の人件費も先進国なみになるということで、これでは中国に工場を建てる意味がなくなってしまう。
しかも中国は自国の製品をすべて自国で消費しなければならない。
よそに輸出したくても、中国が大量に生産した製品、値段も先進国なみになった製品を引き受けられるほどの人口をかかえた国はどこにもない。
日本にとっての中国は、中国には存在しないのである。

わたしは専門家じゃないから詳しいことはいえないけど、自分とこで作った工業製品を自分とこだけで消費していて、その国の経済が成り立つのか。
なんの、中国。そのときになって泣いても知らんからなと、いまはじっとガマンの一手なのだ、わたしゃ。
そのとき日本はとっくに四肢をもがれちゃっている可能性もありそうだけど。

|

« 珈琲 | トップページ | 勧誘 »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

寝ぼけてんじゃねーよ。

投稿: doreidoutoku | 2010年9月26日 (日) 17時07分

これだけじゃわからんね。
中国ギライなのか、中国大好き人間のコメントなのか。

投稿: | 2010年9月26日 (日) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また尖閣諸島:

« 珈琲 | トップページ | 勧誘 »