« 皇帝制度 | トップページ | また尖閣諸島の2 »

2010年10月 2日 (土)

タバコ

ぜんぜんタバコをやらないわたしには関係ない話だけど、今月からタバコが値上げだそうだ。
いいことじゃないか。
これで禁煙する人が増えて、健康な人も増えて、国民健康保険の負担がへるかもしれないし、そうでなければ税収が増える。
どっちにころんでもわるくないと、傍観者は無責任である。

しばらくまえの新聞の投書欄にどこかの奥さんが投書していた。
この奥さんは高層マンションに住んでいるそうだけど、すぐ下の部屋の住人がベランダでタバコを吸う。
これが耐えられない。 くさい。 洗濯ものに臭いがつく。 赤ん坊の健康によくない。
それでわざわざ出かけていって抗議したらしいけど、階下の住人はとりあってくれない。
なんとかならないものかという投書だった。
わたしもタバコの臭いは好きじゃないけど、ここまで文句をいうのもどうかしらと思う。
階下の住人も奥さんに文句をいわれて、やむを得ずベランダで吸っているのだろう。
わざわざベランダに出ているのに、今度は上の階から苦情では立つ瀬がない。

だいたい喫煙がこれほどきびしくなったのは、せいぜいここ10年ぐらいである。
それ以前は、イヤと思ってはいても、喫煙者、禁煙者がほとんど同席しているのが普通だった。
だからわたしは禁煙が制度として普及してきても、多少のことぐらい我慢することを知っている。 たぶんわたしの世代はみんなそうだろう。
ベランダで吸うタバコの煙の拡散率がどのくらいか知らないけど、とてもとても健康被害をうんぬんするほどのものとは思えない。
あまり神経質になると、そっちのほうが健康的にもよくないんじゃないか。
わたしたちはあるていど摩擦のある社会で、あるていどは不自由をしのばなけりゃいけない世の中に住んでいるんだから、もうちっとおおらかに生きるほうが長生きしそうだけどねえ。

| |

« 皇帝制度 | トップページ | また尖閣諸島の2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タバコ:

« 皇帝制度 | トップページ | また尖閣諸島の2 »