« 夏よ、おまえは | トップページ | ヤブ蚊 »

2010年10月 4日 (月)

アエロとエアロ

他人のことを笑えないけど、いまでもロシアの航空会社「アエロフロート」のことを「エアロフロート」と間違える人は多いようだ。
日本語で表記する場合は“アエロ”が公式名称だから間違いは明白だけど、航空会社だからつい空気=airという連想が働いてしまうのだろう。
発音がまぎらわしいことも原因かもしれない。
むかし(今でもあるらしいけど)、ロックバンドで「エアロスミス」というのがあって、たまたまエアロの英語表記がロシアの航空会社と同じ。
にもかかわらず、航空会社はアエロ、ロックバンドはエアロである。
このバンドのコンサートに行った評論家が、紹介のアナウンスを聞いて、アエロっていうふうにも聞こえるなんて記事を書いていた。
これじゃ間違いを責める気にもなれないね。すくなともロシアの航空会社と利害関係のないわたしとしちゃ。

わたしはアエロフロートに一度しか乗ってないから、ホントかウソか知らないけど、ネット上にはこの会社をけちょんけちょんにけなす記事もある。
まるで共産党時代のサービスそのままということらしいけど、この1月にトルコへ行ったときの感触は、機内で映画も観られたし、音楽も聴けたし、スッチーもまあまあだったし、食事にはなんと寿司までついていた。
そんなにひどいものでもなかったけどな。

| |

« 夏よ、おまえは | トップページ | ヤブ蚊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アエロとエアロ:

« 夏よ、おまえは | トップページ | ヤブ蚊 »