« 被災地への旅/大理石海岸 | トップページ | 被災地への旅/廃墟の仏像 »

2011年5月16日 (月)

ブラック・スワン

0000

とってもイヤらしい映画だというので、期待して観てきました、「ブラック・スワン」。
いやらしいところもあったけど、これがあの「レオン」の美少女かっていうナタリー・ポートマンが、歳相応のおばさんになっていたにはガッカリ。
かたき役の不良娘のほうがよっぽどわたしの好みなんだけどね。

もうこれだけ読んだだけで、まじめな映画ファンにそっぽを向かれそうな映画評だけど、最近の陰鬱な映画、ユーモア欠如の映画に、ワタシ、へきえきしているもんで。

この映画については、最初のうちはマザコンで自傷癖のある娘が、バレエを通して自我にめざめるという深遠な内容の映画かと思い、観終わったあとは、まあ、よくできた部類のホラー映画じゃないかと思うようになった。
一件落着してもなんかすっきりしない。
古い映画ファンの当方としては、ビリー・ワイルダーの喜劇作品みたいに、観たあと、じつに幸福な気分にさせられる映画を観たいと思うのだけど、当節はなかなかそういう映画に出会えないものである。

いっしょに映画館に行った知り合いが、ナタリー・ポートマンは偉いという。
女優なのにバレエまで習っちゃってというから、映画の実情にくわしい当方としては、ああいうのはね。
顔が見える部分だけ本人がやって、それ以外の場面、足先なんかは本職のダンサーがやってんだよと余計なことをいう。
映画の中で白鳥の王女が黒鳥に変化するところがあり、これなんかあきらかにCG (コンピューター・グラフィック) だから、ひょっとすると顔の見える場面もすべてCGかもしれない。
まさかそんなことはないと思うけど、即席のダンサーにつとまるくらいなら、本職はみんな失業じゃないかって気分もあるからねえ。

|

« 被災地への旅/大理石海岸 | トップページ | 被災地への旅/廃墟の仏像 »

壮絶の映画人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スワン:

» 『ブラック・スワン』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 12時38分

« 被災地への旅/大理石海岸 | トップページ | 被災地への旅/廃墟の仏像 »