« またまた原発 | トップページ | 被災地への旅/成田の湯 »

2011年5月18日 (水)

被災地への旅/防波堤の内と外

007a

前項にわりあい信心深そうな人からコメントがついたから、観音様のクローズアップも載せておこう。
彼女をここに立たせたのは、おそらくどこかのマスコミのカメラマンだと思う。
無残な廃墟の中の、慈悲深い観音像なんて、こんな皮肉な写真もないからね。
立たせただけで、それから 1カ月ちかくも雨風にさらされたまま放っておかれてるんだから、立たせた人が信心深いとはちょっと思えない。

007b

さて、わたしの北上はまだ続く。
ある港に寄ったときは、防波堤の内側に黒い瓦屋根がぷかぷかと浮いていた。
屋根だけらしかったけど、とりあえず手がつけられずにほうっておかれているらしい。それがあまりに原型をとどめているのが悲惨といえば悲惨。
その下に住人の遺体も放置されているんじゃあるまいかと、つい、わるい想像をしてしまう。
屋根の上にはカモメたちがノーテンキに群れていた。

007c

この防波堤の外側では、岬の先端の松の木に漁船が何隻かひっかかっていた。
船頭多くして船山に登るなんてことわざがあるけど、船頭がいなくても船が山に登っちゃうことがあるんだね。

007d007e

瓦礫の中には、貯金箱にでもなっていたらしいお人形さんが転がっていた。
その可愛らしさから、つい持ち主に小さな女の子を想像しちまうけど、彼女はどうなっただろう。 無事でいてくれればいいが。

|

« またまた原発 | トップページ | 被災地への旅/成田の湯 »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災地への旅/防波堤の内と外:

« またまた原発 | トップページ | 被災地への旅/成田の湯 »