« ヤマカガシ | トップページ | いいわけ »

2011年7月 5日 (火)

どうだってエエ

夕刊で池澤夏樹って作家サンが、菅クンは 「ぎりぎりまで居座ればいい」 と書いている。
これだけ紹介したのでは、また誤解する人がいるだろうから、作家に対して気のドクだ。
この作家は朝日新聞ご用達の大江健三郎サンみたくなりつつあるようで、わたしはあまり好きじゃないけど、この文章の趣旨はわたしの考えに似ている点もある。
かんぐれば、この政局の混乱というのは、ようするに電力政策の転換に対する、産業界、官僚、自民党による抵抗じゃないのかという意見は、わたしもそう思っているのである。
メディアも創意工夫のかぎりをつくして首相の悪口をいうけど、そんなことはどうだっていいじゃないかと池澤サンはいう。
わたしもそう思っている。
政治家の好き嫌いなんかいいだしたらキリがない。
政治家なんてどうせロクなもんじゃないと決めつけて、とにかく仕事をやらせることである。
現在は仕事すら満足にできない状態じゃないか。

ざっくばらんな言い方も、わたしはけっしてキライじゃないけど、政治家ってのはべつに偉くないんだからねと書こうとしたら、夕刊を読むころにはもう仕事を放り出していた。 復興相の松本クン。
なかなか仕事まで行かないよなあ。

|

« ヤマカガシ | トップページ | いいわけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうだってエエ:

« ヤマカガシ | トップページ | いいわけ »