« 水車 | トップページ | 屋久島の事情 »

2011年7月14日 (木)

目下の観測

いつもテレビ (NHK) や新聞 (朝日) だけ見ていたのでは、政治の裏側なんてなかなかわからないものだ。
たまには週刊誌 (朝日、新潮、文春のどれか) を読むと、そういう部分がよくわかる。

最新の週刊新潮を読んでいたら、菅クンもいよいよ脱原発解散に打って出るのではないかという観測記事があって、総選挙になったらどうなるこうなると野次馬的にさわいでいた。
海江田クンには手ごわいライバルが出現するかも、しかも才色兼備の女性候補だとか、当の議員の写真がないのが残念だけど。
都知事になれなかったそのまんま東も地下でうごめいているらしい。
宇宙人の鳩山クンは、さんざんむしられたあげく今回は落選だろうと、国民にとって幸せな観測も。
小沢ガールズがどうなるかという記事もあって、不倫をしたぽっちゃり型のA議員は今度はダメだろう、国会で転倒しマンションから墜落したM議員もダメ、もとキャバクラ嬢のO議員はむずかしい、田中美絵子チャン (彼女だけチャンづけなのは、たんなるわたしの自発的衝動である) はひょっとするとなんて書いてあった。
いろんなのがいるんだねえと、あらためて感心する。

それにしたって、いまの時期に辞めろ辞めないってのもヒドイが、いまの時期に選挙ってのもそうとうにヒドイ。
国民にとっては民主党に恨み骨髄のお灸をすえるいい機会かもしれないけど、ああ、しかし、民主党に替えていったいどこの政党に投票すればいいってのか。
お灸をすえたい政党ばっかりじゃないか。
いっそのこと、自衛隊にクーデターでも起こしてもらって、日本もミャンマーみたく、しばらく軍政でも布いてもらうか。

|

« 水車 | トップページ | 屋久島の事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目下の観測:

« 水車 | トップページ | 屋久島の事情 »