« ユーモア | トップページ | 点鬼簿 »

2011年8月10日 (水)

サトイモ

449

階下に住むロシア系の金髪クンは、けっこう手先は器用だし、野菜なんか育てるのも好きなようである。
去年の秋には庭にサトイモを植え始めた。
せまいながらもちょいとした菜園ができるぐらいのスペースがあるので、本格的に始めたらおもしろそう。
しかし思いつきで始めたみたいで、サトイモはそのままほっぽらかし。
そのうち葉がしおれてしまったから、てっきり冬の寒さで枯れてしまったのかと思っていた。

ところがどっこい、この夏の暑さで息を吹き返したのか、あるいは冬眠していただけなのか、最近大きな葉が元気よく茂り始めた。
手入れしたり、殺虫剤をまいたりしている様子もないから、サトイモってけっこうしぶとい、手間のかからない植物らしい。
サトイモは子イモ、孫イモと、どんどん増えるそうなので、あと2、3年ほうっておいたら、庭はサトイモだらけになるのではないか。
わたし、サトイモの煮っころがしなんて好きだからねえ。 楽しみだねえ。

|

« ユーモア | トップページ | 点鬼簿 »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サトイモ:

« ユーモア | トップページ | 点鬼簿 »