« さくらチャン | トップページ | 朝日新聞 »

2011年9月 9日 (金)

雑草の季節

459a

いい天気になったので、ひさしぶりに自然観察園までぶらぶら。
野川のほとりにはこれでもかというくらい、名もない草が生い茂っている。
いや、名前はあるんだろうけど、人間の役に立たないという理由で、その他大勢の範疇に入れられているかわいそうな植物たちである。
じっとながめてみると、単子葉植物のうちの、イネやススキ、ネコジャラシの類だけでも10種類以上はありそうだ。
9月のこの時期はまさに雑草の季節といえる。

459b

そういう雑草が人間の背よりも高く茂っていて、いま今年なん度目かの刈取り作業中。
俳句や短歌のほうではいろいろ雰囲気をかもすのに効果的なものだけど、作業をする人たちにとっちゃ、刈っても刈っても根絶できないにくたらしい植物だろう。
作業のかたわらを歩くと、甘い草いきれが鼻をつく。
草いきれを甘いと感じるってことは、人間も草食動物のなれの果てなんだなと思う。
たぶんウシやウマも甘い香りを感じてるんだろう。
草のあいだを歩くとイナゴやバッタがひょいひょいと飛んで逃げる。
三鷹市の里山計画はいろんなところでちゃくちゃく進行中。

|

« さくらチャン | トップページ | 朝日新聞 »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑草の季節:

« さくらチャン | トップページ | 朝日新聞 »