« ゴヤ展 | トップページ | 転換期 »

2011年11月16日 (水)

ブレードランナー

Br1

「ブレードランナー」 がテレビで放映された。
わたしが何か書くと思った方。 もうしわけないけど、ワタシ、この映画好きじゃない。
原作も読んでないし、読んでいたとしても大幅に改造されているみたいだし。
ハリソン・フォードもキライ。
関係ないけど、ロイ・シャイダーもキライ。
わたしのこころの中には、スピルバーグやルーカスやコッポラなんて連中の映画に拒絶感があるみたいだ。
リドリー・スコットだって、歴史に残るような傑作ひとつも作ってないでしょ。
メイキングまで放映すんな!

昨夜録画した番組では 「アメイジング・ボイス」 って番組が秀逸、米国のゴスペル教会がめっちゃ迫力。

|

« ゴヤ展 | トップページ | 転換期 »

壮絶の映画人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレードランナー:

« ゴヤ展 | トップページ | 転換期 »