« イスタンブール/エミノニュの2 | トップページ | ホヤホヤの写真 »

2012年5月 1日 (火)

レンゲ

501 わが家の近所の里山にコイノボリが上がっている。
その足もとにレンゲも咲いた。
レンゲ畑のあいだで、土を踏みしめながら

  ありし日よ 幼なかりし日よ
  春の日は うまごやし踏み
  青空を追いてゆきしにあらざるか

  いまはまた その日その草の
  いづちの里を急げるか いづちの里にそよげるか
  すずやかの音ならぬ音はつぶやき
  電線はこころとともに 空にゆきしにあらざるか

という詩をくちずさんでしまう。
原文とはだいぶかけはなれちゃあおりますが、有名な詩なのでワカル人にはわかるはず。
説明はしません。

|

« イスタンブール/エミノニュの2 | トップページ | ホヤホヤの写真 »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンゲ:

« イスタンブール/エミノニュの2 | トップページ | ホヤホヤの写真 »