« 花とヤモリ | トップページ | オリンピック »

2012年7月26日 (木)

プール

518

暑い!
夏は暑いのがあたりまえだけど、暑い。
こう暑いとプールが恋しくなる。
わたしは海上自衛隊でしごかれたおかげで、いちおうは泳げるのである。
ところが最近のプールは、たいていお子様スイミングスクールと兼用で、足がつかないほど深いプールはめったにない。
泳げる人間にとってつまらないプールばかりだ。

わたしは一時期スポーツジムに通っていて、プールでせっせと泳いだことがある。
当然ながらそこも足のつく浅いプールで、おもしろくないなと思っていたら、ふと見るとそのわきに潜水訓練用の3メートル・プールがあった。
小さなプールだけど、足はつかないし、ぷかぷか浮いている分には楽しい。
これはいいと浮かんだり潜ったりを繰り返していた。
ところがつぎに行ったら、「許可なくこのプールで泳がないこと」という札が下がっていた。
わたし以外にこのプールで泳いでいる人間はいなかったから、札はわたしのために増設したにちがいない。
沖縄のなんとかいうきれいな海岸で泳ごうとしたときは、ライフジャケットをつけてくれといわれた。
そんなもんつけて泳げるか。
事故でも起こったら大変という気持ちはわかるけど、ちょっと過保護じゃあるまいか。

その点、中国のプールはちがう。
わたしはむかし中国内陸部の蘭州という街の、公営プールで泳いだことがある。
添付した写真がそのプールだけど、コースが5本という変則プールで、いちばん浅いところでもわたしのあごまでくる深さ。
これではたまに溺れる人もいるかもしれないけど、中国は人命軽視の国で、全部本人の自己責任というところがじつに気持ちイイ。
命が惜しいせいか、泳いでいる人も少なくて、じつに楽しいプールだった。

|

« 花とヤモリ | トップページ | オリンピック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プール:

« 花とヤモリ | トップページ | オリンピック »