« 穴のあいだから | トップページ | オハグロトンボ »

2012年8月26日 (日)

空蝉

526

またセミかいといわれそうだけど、文句もいわずにおとなしく撮らせてくれるモデルはなかなかいませんからねえ。
それにしてもこうやってアップでみると、うぶ毛までくっきり。
空蝉なんていうと文学的だけど、現物はSF映画の怪獣みたいで、小さな子供が見たらひきつけを起こすかも。
鍬のような前足にはドロがこびりついていて、地中からようようはい出てきた彼 (彼女?)の生存への執念を物語っています。

|

« 穴のあいだから | トップページ | オハグロトンボ »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空蝉:

« 穴のあいだから | トップページ | オハグロトンボ »