« ロシアの旅/歓迎会 | トップページ | ロシアの旅/早朝の散歩 »

2013年2月12日 (火)

ロシアの旅/歌手たち

酒も野菜もおいしいけど、ロシア語なんてさっぱりだから、ふつうなら居心地のわるい席になるところである。
ところが今回の旅に、わたしは音楽プレーヤーの iPod を持ち込んでいた。
しかもこの中にビートルズからロック、ジャズ、クラシック、日本の演歌などの音源と、自分で撮った写真、ショートフィルムなどをつめこんであった。

宴席であらためてアルト君を紹介されたけど、じつは彼はプロの歌手である。
彼の恋人という娘もやはりプロの歌手で、あとでわたしは彼らがデュエットで歌っている映像を見せてもらうことになる。

018a

そうですか、わたしも音楽が好きで、ロックがどうの、ジャズがこうのと話し合っているうち (もちろんイミナさんに通訳してもらって)、わたしは彼らとすくなからぬ意気投合ができたのである。
ロシア人というと、抑圧的な社会主義政権のもとできゅうくつな生活を強いられているんじゃないかと思っていたけど、アルト君はモルジブに遊びにいったことがあるといって、海水パンツ姿の写真を見せてくれた。

添付した上の画像はアルト君と恋人。
わたしが撮ったものではありません。

そのうちこの場に、ロングの銀髪に飾り鋲のついた黒いローウエストのジーンズという、すごい派手派手系の女性が飛び込んできた。
これはナターシャさんといって、イミナさんの身内にあたる人で、彼女もプロの歌手である。
ここの家は音楽一家なんだよとMさんがいう。
いまはM夫人におさまっているイミナさん自身も、かってはステージで歌っていたというから、わたしはテーブルで野菜をかじっているだけで、複数のロシア人ミュージシャンと仲良くなれてしまったのだ。

018b

ナターシャさんは YouTube に映像を載せている。
信じられないという人は・・・・・ うーん、自分で載せているくらいだから、ここでその映像を紹介してもかまわないだろう。
つぎのロシア語を YouTube にコピー・アンド・ペーストすれば彼女の映像が見つかるはずだ。
Наталья Савина

ナターシャさんにはあとでサイン入りのCDをいただいてしまった。
下の写真はCDのパッケージから。

|

« ロシアの旅/歓迎会 | トップページ | ロシアの旅/早朝の散歩 »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの旅/歌手たち:

« ロシアの旅/歓迎会 | トップページ | ロシアの旅/早朝の散歩 »