« ロシアの旅/メトロに乗る | トップページ | ロシアの旅/最後の市場 »

2013年4月16日 (火)

ロシアの旅/駅探索

111a1a 111a1b

ツヴェトノイ・プリヴァール駅までもどってきてから、今度は歩いてサヴョーロフ駅まで行ってみることにしたのだけど、地図を見るとその手前にベラルーシという駅がある。
そこまで1キロちょっとだから、まずベラルーシ駅を目指すことにした。

111a2 111a3

ツヴェトノイ駅のそばをロシアの環状道路がはしっている。
この通りはめったやたら広くてわかりやすいけど、歩いておもしろいところではない。
通りに面して人形劇専門の劇場があった。
建物の壁に人形劇のポスターがたくさん掲示されている。
これはおもしろそうだけど、昼間からなにかやっているようすはなかった。

111a4 111a5 111a6

環状道路からはずれると、アパートや教会もあるごちゃごちゃした雰囲気の街に変わってきた。
名所旧跡よりもこんな街中をぶらぶら歩いているほうがよっぽど楽しい。
ある場所には、黒くて落書きだらけで、わたしたちの世代には唐十郎のアングラ劇場を連想させるでっかい建物があった。
ぜんぜん連想違いで、解体を待つただの古ビルかもしれないけど。

111a7

もうそろそろかなと思うころ、いかにも駅のまわりのようなにぎやかな通りに入り込んだ。
道路上にテントを並べただけの市場が出ている。
そのあたりの店のおばさんに、ベラルーシ駅はこのへんですかと訊くと、ダー (そうよ) といって、すぐそばの地下道入口をゆびさした。
地下道へ入ってみたが、通路の両側に大衆スーパーみたいな衣料品店が並んでいて、おばさんたちがわいわいと買い物をしていただけだった。

そのまま地下道をぬけて向こう側へ出てみた。
メトロの駅らしいものはあったけど、地上にあるはずのアエロエクスプレスの駅は見当たらない。
このあたりでは地上の鉄道も地下を走っているのかもしれない。
そうではないかもしれない。
つまり、なにがなんだかわからない。
けっきょく駅探しは断念してもどることにした。

111a8 111a9

この駅のあたりにはトラム (路面電車) が走っている。
日本では同じ路線ならだいたい車両の形と色は統一されているのに、こちらでは同じ軌道を最新の車両と遊園地の乗り物みたいな車両が走っていた。
このいいかげんさがロシア的でおもしろい。
トラムはほかでも走っているけど、このあたりでは住宅街みたいな通りを、自動車、歩行者とごちゃまぜに走っている感じで、ちょっと味わいのある光景である。

|

« ロシアの旅/メトロに乗る | トップページ | ロシアの旅/最後の市場 »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの旅/駅探索:

« ロシアの旅/メトロに乗る | トップページ | ロシアの旅/最後の市場 »