« ロシアの旅/出迎え | トップページ | ロシアの旅/恋する熊の歌 »

2013年4月 6日 (土)

国民栄誉賞

新聞の投書欄に、野茂英雄にも国民栄誉賞を与えろという意見があった。
わたしもそのとおりだと思う。
すくなくても現時点では、松井秀喜よりは野茂のほうが賞にふさわしい。
なんで野茂がもらえないのか。
決まってる。
松井は優等生で、なんせ優等生ばかりの巨人の選手だったくらいだけど、野茂の場合は反体制の香りがふんぷんとしている。
プロ野球機構という、体制的で保守のかたまりみたいな組織に反旗をひるがえして、単身米国に渡っちゃった男だ。
日本の政治家はこういう人物を毛ギライしてんだよね。
でもまあいいさ。
野茂が除外されたおかげで、国民栄誉賞というものが政治家の人気とりの道具で、いかに権威のないものかよくわかったと思う。
新聞もそんなもんでいちいち騒ぐな。
え、最近誌面が刷新された朝日新聞、オマエのことだよ。

|

« ロシアの旅/出迎え | トップページ | ロシアの旅/恋する熊の歌 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民栄誉賞:

« ロシアの旅/出迎え | トップページ | ロシアの旅/恋する熊の歌 »