« 馬の胴体の中で | トップページ | はだしのゲン »

2013年8月18日 (日)

日差し

489a

毎日暑い日が続いている。
日差しが強いものだから、わたしの知り合いは外出するとき、いつもひじまでかくれるような長い手袋をしてくる。
日焼けがコワいんだそうだ。
日焼けがこわくちゃ農家のおかみさんなんかつとまらない。
そういうと、だって日焼けは皮膚ガンのもとだからと弁解する。
農家のおかみさんは昔から生存していて、しかも元気な人が多いというと、ガンはともかく、しみソバカスのもとだからという。
ご存知のとおり、骨の生成には日の光が重要な働きをするものである。
太陽に当たらないと骨粗しょう症になるぜというと、うむむと複雑な困惑の表情をうかべる。
皮膚ガンやしみソバカスもコワイけど、骨粗しょう症になるのもイヤらしい。

489b

またスズメおどしのきらめく季節になった。
わが家の魑魅魍魎のひとつが流しの中をうろうろ。
おとなの夏休みは今日で終わりで、明日からまた仕事。

|

« 馬の胴体の中で | トップページ | はだしのゲン »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日差し:

« 馬の胴体の中で | トップページ | はだしのゲン »