« 前橋育英 | トップページ | 藤圭子 »

2013年8月23日 (金)

水の中

490

防水カメラのテストで撮った近所の川の中の写真である。
水草の手前に魚が1匹写っている。
ちとさびしいけど、これが海なら水草はアマモかホンダワラだ。
そういう海草ならもっとにぎやかなはず。
アマモやホンダワラは、魚や甲殻類の子供たちにとって揺りかごみたいなものだから、小動物がたくさん住みついているのである。
子供たちが棲みつくと、それを食べようという不届きな輩も集まってくる。
だから海草のあいだというのは、食ったり食われたりという自然界の法則を写す小さな宇宙なのだ。

それなのに川の水草はそうではない。
散歩のたびに考えてしまうのは、なんで川には生きものが少ないのかということ。
モンガラカワハギやメガネモチウオが棲めとはいわないけど、そのへんの石にウニやイソギンチャクやヒトデがついていて、もっと生きもののバラエティーがあると写真を撮るのも楽しいのに。

|

« 前橋育英 | トップページ | 藤圭子 »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水の中:

« 前橋育英 | トップページ | 藤圭子 »