« 特定秘密保護法案 | トップページ | 映画評 »

2013年11月28日 (木)

オソロシイ

昨日の夜の殺人者が、今日の昼にはもう身柄を確保されていた。
八丈島まで高飛びすれば捕まらないだろうと考えたのかもしれないけど、船が港に着いたとき、そこにはすでに警察がお待ちしていたということだ。
オソロシイ。
いえ、殺人じゃなく、現代の監視社会。
警察は防犯カメラの映像を追うだけで、アッという間に、完璧に犯人の逃走経路をたどれるらしい。
これは、たとえばわたしが日曜日に街へ出て、どこかの人妻と不倫をして(ありえないか)、どこかのホテルにしけこんだとしても、警察にはその足どりを忠実にたどれるということだ。

個人情報を守れなんて主張する人がいまでもいるけど、こんな社会では、それは子供のネゴトのように聞こえてしまう。

関係ないけど、先日知り合いの結婚式に参列して、目下そのビデオ映画を制作中。
ブログに手抜きがあるかもしれません。

|

« 特定秘密保護法案 | トップページ | 映画評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オソロシイ:

« 特定秘密保護法案 | トップページ | 映画評 »