« カティンの森 | トップページ | 高血圧 »

2013年12月10日 (火)

帝王学

親父が息子に帝王学を伝授する。
いいか、トップの地位を維持するためには、同じていどの実力の子分が並び立つよう、つねに微妙にコントロールして、ひとりだけ突出する子分をゼッタイにつくらないこと。
出る杭は打つという強固な姿勢を示し、必要なら定期的に見せしめをつくり、まわりを恐怖せしめておくことだ。
帝王というものは孤独なもので、たとい親戚だといってもこころを許しちゃいけないぞ。

うん、わかったよといって、いまのところうまくいってるのが北朝鮮のぼんぼんで、しくじったのがみんなの党の渡辺クンてところ。
どっちも暴走ぎみだけど、ま、実力がともなわなければうまくいかないのはいっしょ。
北朝鮮のぼんぼんも塀の上のツナ渡りに見える。

|

« カティンの森 | トップページ | 高血圧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝王学:

« カティンの森 | トップページ | 高血圧 »