« ロシアⅡ/拍子抜け | トップページ | ロシアⅡ/マキシマパノラマ »

2014年2月22日 (土)

喜朗サン

森喜朗もと首相が浅田真央ちゃんを評して
「あの子は大事なときに必ず転ぶ」 といったと、ウチの新聞 (朝日) はまた問題視するつもりのよう。
そんなに大騒ぎする問題なのか。
喜朗サンという人の人格について考えると、この人はしょっちゅう失言をしているおもしろいおっさんで、わたしは悪意より、むしろユーモアさえ感じてしまう。
それより、他人のあげ足をとろうって魂胆のほうがみえみえで、そういう言葉狩りのほうに問題があると、まず新聞が先に考えなくちゃいけないのじゃないか。
冗談も通じない社会は、わたしキライです。

|

« ロシアⅡ/拍子抜け | トップページ | ロシアⅡ/マキシマパノラマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜朗サン:

« ロシアⅡ/拍子抜け | トップページ | ロシアⅡ/マキシマパノラマ »