« マルケスの訃報 | トップページ | こころ »

2014年4月20日 (日)

HD

DELLからようやくリサイクル処理の書類が届いた。
しかしパソコンの場合、モニターやスキャナーとは異なる注意が必要だ。
つまりハードディスク (HD) をどうするかってコト。
わたしのパソコンのHDには、他人に見られて困るいやらしい画像だとか、読まれて困る日記みたいなものがそっくり残っているのだ。
これをなんとかしないと、おいそれとゴミに出せない。

以前、香港だったか台湾だったかの金持ちの御曹司が、金持ちという特権をおおいに利用して、女優やタレントと浮名を流し、よせばいいのにそのさいちゅうの写真をため込んでいたら、それがなんかのまちがいでネットに流出して、とんでもないスキャンダルに発展してしまったことがある。
いったん流出したらそれを完全消去するのは不可能だし、その相手のなかには清純派女優なるひともいて、そういうひとがアダルト映画もまっ青という恥ずかしいポーズをさらけだしたのだから、当の女優さんにしたら首でもくくりたい心境だろう。

そういうこともあるからHDの扱いには注意がいる。
ディスクの中身を消去する、あるいは読み取り不能までに破壊する、それもできるだけお金をかけずにするにはどうしたらいいだろう。

ディスクの表面を釘でひっかけばいいそうだけど、HDケースは頑丈にできていて、ディスクを露出させるのがむずかしい。
友人はガスコンロでケースごと加熱してしまえという。
油につけろという輩もいた。
天ぷらをあげているわけじゃあるまいし、わたしはあまり面倒なことはしたくないタチだ。

調べてみたらパソコン量販店で、HD専門の破壊を受け持っているところがあるようだ。
でも、発想を逆転してみたらどうか。
DELLといえばでっかいパソコン・メーカーだ。
リサイクルやHDごと廃棄してほしいと依頼してくるパソコンの数は大変なものにちがいない。
そんなところで、いちいち顧客のHDの中身をのぞいていたら、その手間ヒマはとてつもないものになってしまう。
考えてみれば、個人のパソコンで、いまどきいやらしい画像を集めてないパソコンなんてひとつもないだろうし、わたしみたいな平均的庶民の日記にマル秘情報なんてあるはずもない。

世の中の膨大な数のHDをチェックして個人情報を集めるくらいなら、もっと手間のかからない方法がいくらでもある。
米国への入国にさいして必要なESTA (電子渡航認証システム) だって、そこに書き込んだ情報はそのままCIAに直行してるに決まっている。
管理厳重なはずのわたしのパソコンでは、YouTube をのぞくと、頼みもしないいやらし系の映像がまっ先に出てくるけど、あれはわたしの個人的嗜好がどこかにもれちゃっているのだ。
つまり、いまどきHDの中身なんぞを気にするほうがおかしいのである。
という開き直りの根性で、不要パソコンはそのまんまDELLに送り返すことにした。

|

« マルケスの訃報 | トップページ | こころ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HD:

« マルケスの訃報 | トップページ | こころ »