« 稲村岩 | トップページ | 今朝の新聞 »

2014年5月24日 (土)

アンジェラ・ブラウン

Ab

「セント・ジェームス病院」 という米国のブルースが好きだということは、このブログに書いたことがある。
ヒマにまかせて、YouTube に載っているこの曲のカバーをかたっぱしから聴いてみた。
日本でこの曲を知っている人がどのくらいいるか知らないけど、あちらでは禁酒法時代から歌われていた有名な曲らしく、歌っている歌手や演奏しているグループは、さまざまな分野からそうそうたるものである。
ジャズ畑からはルイ・アームストロングの演奏が有名だし、ロック歌手ではエリック・バートンのアニマルズから、ポール・バターフィルド、エリック・クラプトンなんかも演っている。

今回聴いた中ではアンジェラ・ブラウン (Angela Brown) という歌手の歌がピカ一。
わたしはこの歌手を知らなかったんだけど、YouTube の映像でみると、ビッグ・ママやエラ・フィッツジェラルドみたいなたくましい黒人の女性歌手で、ライブハウスみたいなところで派手なパフォーマンスをしながら歌っている。
だからたぶん、あちらでは有名なソウル歌手なんだろうと思った。

ところがさらに映像を追求していたら、ドレスアップしてクラシック (オペラ) のコンサートで歌っている映像が見つかってしまった。
ということは、本職はオペラ歌手なのか。
もしかすると同名異人かもしれない。
顔を見ればわかるだろといわれそうだけど、クラシックとライブハウスにいるときではだいぶ雰囲気がちがうし、顔まで別人に見えてしまうのでワカラン。
グーグルで顔写真を検索すると、若いころの写真もごたまぜでよけいワカラン。
まあアメリカの歌手、しかも黒人歌手なら、ジャンルがどうのとこまかいことは気にしないかもしれない。
とにかく彼女の歌う 「セント・ジェームス病院」 は、すばらしい熱唱で感動的である。
こういう歌を発見すると、生きていてよかったとつくづく思う。

|

« 稲村岩 | トップページ | 今朝の新聞 »

聴きまくりの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・ブラウン:

« 稲村岩 | トップページ | 今朝の新聞 »