« また悶々と | トップページ | 夏の帽子 »

2014年7月29日 (火)

火垂るの墓

今日の夕刊 (また朝日新聞だけど、うちは朝日しかとってないからそれが俎上に上がるのはやむを得ないのだ) の文芸・批評の欄に、つっこみたくなる記事が。
ささいなことなんだけど、ちょっと文句をいいたくなる。

この欄にジブリのアニメ 「火垂るの墓」 について、さまざまな論者が語った本の紹介があった。
これだけではいまどきの若者は、この物語はジブリのオリジナルだと思ってしまわないか。
原作は野坂昭如で、しかも反戦文学の傑作で、それをアニメ化したジブリのほうはロクなもんじゃないというのがわたしの持論だから、ささいなことであってもねちねちいいたくなってしまう。
原作を読め、原作を。
アニメは観なくても人生に影響はない。

|

« また悶々と | トップページ | 夏の帽子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火垂るの墓:

« また悶々と | トップページ | 夏の帽子 »