« ウチの新聞 | トップページ | アクセスが少ない »

2014年9月26日 (金)

公子さん

新聞を熟読みしていたら、「もと市長に請求認めず」 という記事があった。
国立市のもと市長さんだった上原公子さんに、市民団体が損害賠償を請求していたのが、地裁の判決で却下されたのだそうだ。

事件の推移をながめると、公子さんが市長に当選したあと、市内に高層マンションの建設計画が持ち上がり、これに対して公子さんが新しい条例をつくって建設を阻止しようとしたところ、建設業者が営業妨害だってことで、市長を逆提訴。
裁判は地域の事情よりもたてまえ論を優先するから、公子さんは裁判に負けて損害賠償を払うことになってしまった。
市民団体はこれを問題視し、賠償金を払うのは市長がよけいなことをしたせいだということで、お金は公子さんが個人的に支払うべきだといちゃもんをつけたらしい。

さあ、どうだ。
なにかというと、景観をこわすとか自然を破壊すると文句をいう市民団体が、そういうものを守ろうと新条約をつくった市長さんを、裁判に負けると手のひらを返すように告訴する。
市民にもいろいろあると思うけど、是非なんかさておいて、なにがなんでも権力に反対するという、まるでウチの新聞みたいな身勝手な団体がここにひとつ。
わたしは公子さんに対する請求権が却下されたことに安堵する。
これはけっして彼女がわたしのおさななじみと同姓同名だからというわけじゃない。

|

« ウチの新聞 | トップページ | アクセスが少ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公子さん:

« ウチの新聞 | トップページ | アクセスが少ない »