« 清美サン | トップページ | うーむ »

2014年10月 4日 (土)

今朝の朝日

気をもたせてばかりで、今日か明日あたりいよいよ官能の夜かと思ったら、土日は 「三四郎」 の連載は休みだった。
なんとか人妻との入浴シーンまで行ったけど、まあ、気をもたせること。
大騒ぎをしているわたしも責任を感じてしまうではないか。

そのかわり連載があるべき個所の、となりのとなりに、読売新聞なら不思議でもなんでもないけど、朝日ではめずらしいという記事が載っていた。
カナダの大学教授という人の意見で、安倍首相について、彼は時計の針を80年まえに戻そうとは思ってない。
たとえそう思ったとしても、いまの日本で実現できるわけがない。
民主主義が機能し、自衛隊に対する文民統制が確立していて、国民の圧倒的多数は戦争への忌避感が強い。
むしろ軍国主義の復活をおそれる人のほうが、脅威をあおることにより、悪影響、たとえば先制攻撃などの危険をもたらす可能性があるなどと述べている。

まっとうすぎておもしろくもおかしくもない文章だ。
朝日の反省もいよいよホンモノになってきたのか。
先日、配達員が社長の詫び状と手土産をもって集金にきた。
キミに責任があるわけじゃないからね。
これからもがんばりなさいと、わたしはまだ朝日のファンなのである。

|

« 清美サン | トップページ | うーむ »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の朝日:

« 清美サン | トップページ | うーむ »