« ナッツ姫 | トップページ | あけまして »

2014年12月31日 (水)

ナマコの栄養学

001

大晦日の夜はひとり、スーパーで買ってきたパック入りのナマコを肴に酒を飲む。
ぬらぬらしているけど、それなり歯ごたえがあってなかなか美味しい。
最初にナマコを食べた人はえらいって話がある。
そうかねえと考えているうちに疑問につきあたった。
ナマコって栄養があるんだろうか・・・・・

そういえばクラゲという動物もスーパーで売っている。
クラゲも、あまりありそうにないけど、栄養があるんだろうか。
ま、あるんだろうな。
オサガメなんてでかい亀は、クラゲばかり食べていて、体重は1トン近くにもなるという。
栄養がなければなかなかそうはいかない。

ナマコは海底でじっとしている。
クラゲは海面でふらふらしている。
どちらも逃げ足はあまり速そうでない。
ナマコなんか、沖縄の海へいくと、砂の上に無用にごろごろしているだけである。
あればかり食べて体重が1トンになるような動物もいるんだろうか。

疑問が人類愛的に飛躍してしまう。
クラゲはときに異常な大発生をする。
火力発電所の吸水口をふさいでトラブルを起こすこともある。
それほど材料費がかかっているように見えないのに、ああやって効率よく増えてしまう動物って、アフリカの食料問題解決に寄与しないだろうか。

あいかわらずくだらないことを書いて、今年も終わり。
他人の迷惑なんのその、いつまで続くこのブログ。

|

« ナッツ姫 | トップページ | あけまして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナマコの栄養学:

« ナッツ姫 | トップページ | あけまして »