« 日本人の良識 | トップページ | 考えてる »

2014年12月16日 (火)

iPad mini

595b

わたしは iPod (Padにあらず)を持っているけど、これは音楽を聴くためである。
スティーヴ・ジョブズは YouTube と iPod を有機的に結びつけることで、音楽好きにとって壮大で夢のような未来生活を提供してくれた。
これはソニーには、音楽コンテンツを自ら制作しているソニーには、ゼッタイに出来ないことである。
ということぐらいしか書けませんけど、ここでははソニーの没落理由を書こうってつもりじゃない。

なにしろ数千曲もの音楽 (なんなら映像まで) が尻ポケットに入ってしまうので、わたしはそれだけで満足していて、iPod でインターネットまでやろうとは考えてもみなかった。
そもそもネットをするには画面が小さすぎるし、もうひとつネット契約をするのもお金がもったいないしってわけ。

ところがそのうち、無線LAN (いわゆるWi-Fi) があれば、iPod で、無料でネットができることがわかった。
タダより安いものはない。
わたしは旅先などでインターネットをするのに、しばらく iPod を重宝した。
現在では多くのホテルに無線LANが常設されているし、公共の場所でもアンテナはどんどん増える傾向にあるので、ネットを利用できる場にはこと欠かないのである。

しかしそうやってありがたくネットを活用させてもらっているうち、老眼人間のわたしには、さすがに iPod の画面の小ささが辛くなってきた。
さて、どうしよう。
画面の大きめなスマホを買えばいいんだけど、これだと毎月の支払いが大変た。
タダより安いものはないし、だいたいわたしは電話というもののキライなアナログ人間なのである。

ぽわんと頭に浮かんだのが、友人のO君である。
彼はたいそうな財閥で、新しいIT機器が出るたびに飛びついてアベノミクスの経済政策に貢献している男であるから、なんでも家の押入れには使われていないパソコンや周辺機器が山積みになっているそうである。

おい、iPad (ここから先は Pod ではなく Pad) 持ってんだろ、アレをXX円で売れよ。
わたしが狙っていたのは iPad のミニのほうである。

なんでミニなのか。
ネットをするなら画面が大きいほうがいいに決まっているけど、旅先で使うことの多いわたしにとって、持ち運びの容易さということは重要な条件なのである。
大きさと軽便さの両方を計りにかけると、やはりミニが最善の選択肢だったってわけだ。

わたしの威丈高な態度が気にくわなかったのか、最初はぶつぶつこいていたO君だけど、けっきょく売ってくれることになった。
値段についてはいろいろあったものの、IT機器の宿命として、新品でも1年経てば2/3、2年経てば半値、3年で価値は1/5に下落し、5年経ったらもうただの粗大ゴミということがある。
まあ、お互いに納得のいくもんじゃなかったろうか。
え、O君、読んでるか、このブログ。

認知症の不安をかかえるわたしには無謀だったかもしれないけど、とにかくそういうことで、こないだの週末からわたしの iPad 生活の始まりだ。
これからはベッドに仰向けに寝たままで文章が書けるのだ。
横着なわたしがますます横着になりそう。

|

« 日本人の良識 | トップページ | 考えてる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad mini:

« 日本人の良識 | トップページ | 考えてる »