« 変身 | トップページ | 知り合いかも »

2015年1月 6日 (火)

電話

留守電が入っていた。
△△さんという女性からで、電話してくださいという。
女性にも電話番号にもぜんぜんこころあたりがない。
そのくせ○○ちゃーん(わたしの名前)なんて、やけに気安い。
はてね。

こちらからかけるまえにうーんと考えてみた。
声からすると若い娘じゃなさそうだ。
ちゃんづけで呼ぶから親戚のだれかかしら。
案外わたしの幼なじみのだれかが、どこかからわたしの電話番号を聞きつけて、ひさしぶりに会いたくなったのかも。
それならわくわくしないでもないけど。

で、こっちからかけてみた。
介護施設だった。
どうして介護施設から電話がかかってくるのか。

相手の説明では、10年ぐらいまえに結婚相談所から電話がかかってきて、そんなものはいらんとわたしがことわったことがあるんだそうだ。
ことわられた結婚相談所が、その後介護サービスを始めて、ことわったくらいだからわたしは今でも独身だろう。
独身であるならば、そろそろ介護施設に関心があるんじゃないだろうかと、余計なお世話で電話をしてきたらしい。
怒るぞ、まったく。

わたしはそのうちまたひとりで海外旅行に出かけるんだ。
嫁さんも介護も必要としてないのであります。

|

« 変身 | トップページ | 知り合いかも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話:

« 変身 | トップページ | 知り合いかも »