« 今朝の新聞 | トップページ | 春の胎動 »

2015年2月10日 (火)

ロシアⅢ/ダメ押し

001

愚鈍なわたしには、たったいちど行ったきりでは、なかなかその国の実体は見えてこない。
そういうわけで中国なんか10回以上出かけたくらいだ。
物見遊山なら1回見れば、すくなくても思い出くらいにはなる。
しかしその国のことをよく知りたいと思ったら、何度も行かなくちゃ見えないものが、ゼッタイにあるのである。

そういう理由でイスタンブールには2回出かけたし、モスクワも去年再訪問したばかりだ。
で、今度はサンクトペテルブルクに行ってみることにした。
2年前にいちど行ってるけど、そのとき、もういちど来るかもしれないというので、街の地理をじっくり頭に叩き込んでおいた。
せっかく叩き込んでも時間が経てば、記憶はどんどんうすれる。
忘れないうちに行っておかなければモッタイナイないのである。

旅行会社に見積もりを依頼したのは2ヶ月ほどまえ。
旅行期間は2月に設定したけど、冬は寒いからロシア旅行はシーズンオフで、料金が安いのである。
わたしのロシア旅行が冬ばかりなのはそういう理由だ。

ところがというか、やっぱりというか、安くない。
だいたいロシアの旅行は高いことで知られている。
たまたま送られてきたばかりの旅行会社のパンフレットがあったので、それと比較してみると、このパンフレットでは8日間のロシア・ツアーが、料金は23万円から45万円になっていた。
これは夏の旅行も含まれているから、いちがいな比較はできないけど、ま冬の旅でも20万円前後になるのが普通だ(ひとり参加の場合はさらに7~8万円プラス)。

しかし冷静に考えてみると、わたしの旅はツアーによらない自由旅行であるから、自由気ままを愛し、そのために散財する覚悟のある人にとって、見積もりはむしろ安いくらいかもしれない。

そう考えて清水の舞台から飛び下りた。
ついでに、いっしょにハワイのダイヤモンドヘッドに登ったことのある友人のO君を誘ってみた。
寒いからイヤだという。
そりゃロシアはハワイより寒い。
相手はナポレオンやヒトラーの軍隊でさえ敗退させた、冷酷な冬将軍のいる国である。
そのへんの温泉に行くのとはわけが違うから、そうとうの根性と、なにがなんでも見たいという執念と、あわせて防寒衣料につぎこめる金、さらに社会的にたいして必要とされてないわたしみたいな立場がなければ、おいそれととっかかれる相手ではない。
根性と執念以外ならO君はこの条件にピッタリだったんだけど、残念なことだ。

けっきょくまたひとりで行くことになった。
出発まであと2日。
あいかわらずロシア語どころか、英語もろくにしゃべれない。
荷物もまだぜんぜんまとめてない。
あまり早くまとめると、出発まぎわになって、また心配になって、もういちど荷物をひっくり返すことになるのがわかっているもんで。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | 春の胎動 »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

I think other website proprietors should take this site as an model, very clean and wonderful user friendly style and design, let alone the content. You are an expert in this topic!

投稿: Tyree | 2015年3月 8日 (日) 14時24分

You can definitely see your skills within the work you write. The sector hopes for more passionate writers such as you who are not afraid to mention how they believe. Always follow your heart.

投稿: Rayford | 2015年3月10日 (火) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアⅢ/ダメ押し:

« 今朝の新聞 | トップページ | 春の胎動 »