« ホンネとたてまえ | トップページ | 疑いだすと »

2015年6月19日 (金)

カリマンタン/出発まえから

出発まえからもうトラブルだーっ!

わたしは傍若無人にいいたいことをずけずけいうクセがあって、まわりからきらわれている。
これは自分の想像だけど、そんな周囲の人間の中には、わたしになにか不運が襲いかからないかと、つねに期待している人がいそうである。
そういう人に耳よりなニュースだ。
これからカリマンタンに行こうというわたしには、とんだ不運なんだけど。

102

わたしはインドネシアのジャカルタに行くのが初めてである。
飛行機は羽田(出発直前まで成田だと思っていた)を11時45分発のガルーダ・インドネシアで、これがジャカルタに着くのが17時5分 (到着は現地時間らしい)。
そのままバンジャルマシン行の飛行機に乗り換えるとすると、乗り換え時間が1時間半しかない。
ロシアのときといっしょで、ジャカルタの空港に詳しくないわたしば、これではヤバイというので、乗り換えの飛行機を1本あとのものにしてもらった。
これなら乗り換え時間は2時間半あるから、オタオタすることもないだろう。

これで余裕しゃくしゃくと思っていたら、2週間まえになって旅行会社から連絡があり、乗り換え便がキャンセルになって、1本まえの飛行機に振り替えになりましたという。
つまり、せっかく時間に余裕をみたつもりなのに、客を客と思わないガルーダの身勝手な都合で、それがフイになったということだ。

うーむ。
どうする?

これではせっかく飛行機を遅らせた意味がないじゃないの。
もっともっとあとの便はないのかと訊くと、翌日早朝の便しかありませんという。
早起きをしたくないわたしには、とてもムリな相談だ。
どうしてくれるのか。
わたしは英語がわからないので、現地で臨機応変の対応なんかできそうもない。
もう旅行なんかやめちまおうかと考えたけど、航空券とホテルは予約ずみで、わたしはすでにルビコンを渡ってしまったらしい。

仕方がないので、目下対策を研究中。
乗り換え時間を節約するために、今回はバックパックひとつの旅にすることにした。
冬のロシアと違って、Tシャツ1枚でいいところだから、もともと荷物は少ないし、バックパックを機内に持ち込んでしまえば、受け取りのためにターンテーブルに並ばなくても済むから、時間の節約になる。

こうやっていろいろ考えながら自省する。
そもそも僻地の旅行なんかめざしたわたしが悪いのだ。
カリマンタン (ボルネオ) で飛行機が予定どうりに飛ぶと思うのがマチガイだ。
あきらめて自分の運命を受け入れることにした。
なんの、行き当たりばったりの旅こそ望むところではないか。
やれやれ。
トホホ。

|

« ホンネとたてまえ | トップページ | 疑いだすと »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリマンタン/出発まえから:

« ホンネとたてまえ | トップページ | 疑いだすと »