« カリマンタン/ベルホテル | トップページ | カリマンタン/長髪クン »

2015年7月12日 (日)

カリマンタン/問屋街

105aa

ホテルの目の前がマルタプラ川で、門を出るとすぐに橋がある。
橋を渡った先に問屋街があって、いつでも仕入れに来た車、納品に来た車でごった返している。
旅行バッグが届かないので困っていたころ、最初にぶらついたのがこのあたりだ。
で、今回は問屋街の紹介をしよう。

105b105c

問屋街といっても合羽橋みたいに洗練されていて、外国人観光客にも人気があるような場所じゃない。
詳しくは写真を見たほうが早いけど、ドブ板を踏みしめて長屋の路地うらを行くような感じ。
ちょっと不気味なところなので、奥のほうまで入っていこうという観光客はあまりいないんじゃないか。
扱っているのは穀類や干し魚などの乾物がほとんどだけど、ブランド商品のならぶきれいなショッピングモールなんかより、わたしにはとっても興味のあるところだ。

105j105k105e

いまの季節の特産なのか、扱っている品物のなかに、小さなニンニクが多かった。
両手でかかえるようなでっかい袋に詰められたニンニクが、右から左へと、人間の肩で運ばれている。
フォークリフトのような機械力は、写真でもわかるように、とても導入できるような場所じゃない。

105h105d105g

魚の干物も多かった。
お相撲さんみたいなこのおじさんは、写真を撮ってくれと強引だった。
わたしのブログに載ることを知ってんだろうか。
総じて人々の愛想のよさはおどろくほど、インドネシア人の愛想のよさは特筆に値するといっていいくらい。
問屋の主人もかつぎ屋も、みんな向こうから会釈をするので、こっちも会釈を返すのが大変である。
ただし、これはわたしがひとりだったことにも起因しているだろう。
大勢でつらなって、じろじろ見て歩いたら、人々の反応は違っていたと思われる。
やはりひとり旅のメリットというものはあるのだ。

105i105f

ここで扱っているのは主に乾物だったので、生鮮食品の市場についてはあとで紹介する。

|

« カリマンタン/ベルホテル | トップページ | カリマンタン/長髪クン »

旅から旅へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリマンタン/問屋街:

« カリマンタン/ベルホテル | トップページ | カリマンタン/長髪クン »