« 西之島 | トップページ | 創作 »

2015年8月25日 (火)

極東アジアの夜明け

極東アジアの情勢は新局面に入ったのかも。
これまで北朝鮮から挑発があるたび、一度は怒って報復するものの、相手から下手に出られると腰砕けになって、忘れたころにまたゲリラ的攻撃をくらっていた韓国が、徹底抗議というふうに方針を変えたとしたら、これは北朝鮮崩壊の前兆になり得る。

下手に出たにもかかわらず、ゼッタイに勘弁しないと突っぱねられたら、北朝鮮のぼんぼんに取るべき対抗策はない。
なにもしなけりゃ権威にキズがつくし、そうかといって本格的攻勢に訴えても勝ち目はない。
潜水艦を発進させたり、砲撃の準備を整えたなんていっても、それが脅かしであることぐらい、最新の装備を備えた米韓連合軍が心得てないはずがない。
いまの北朝鮮にできることは、戦術的撤退なんて、むかしどこかの軍隊がやったような言い訳をしておいて、相手の油断を誘うことぐらいだ。

それまでいいように暗躍されていた日本が、本気で怒り出して不審船を追跡、撃沈したら、それっきり北朝鮮のスパイ活動がぴたりと止んだように、北朝鮮を屈服させるのは受けて立つという固い決意である。
時代錯誤のワンマン帝国だけが、古いやり方がいまでも通じると思っているだけで、国際情勢ももはやあらゆる部分で北朝鮮を裏切るばかりなのだ。
そうした情勢から、このへんで一気に壊滅させるべきと、パクちゃん(韓国の大統領)か決心したのだとしたら、彼女の株はまた上がるだろう。
極東アジアの新しい夜明けだ。

ただひとつコワいのは、やけになったぼんぼんが、不正確なミサイルをやみくもに発射することだ。
その瞬間彼の命運は尽きるだろうけど、発射されてしまったミサイルのひとつかふたつは、日本にも落下するかもしれない。
心配な人はせいぜい生命保険に入っておくヨロシ。

|

« 西之島 | トップページ | 創作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く閲覧させていただいております。
股旅物も良いのですが特に「ウチの新聞シリーズ」は秀逸で逃さず愛読している人が多勢存在していると確信しています。
ファンとしての要望なのですが「ウチの新聞はXXはだった」だけでなく、あの世のに持っていけない御宝で新たに「東京新聞」を愛読して「ウチの新聞VSアッチの新聞」みたいな新シリーズをお願い出来ませんか?

投稿: yakan | 2015年8月27日 (木) 04時22分

東京新聞てのは右派かい、左派かい。
たまにウチの新聞の不倶戴天である産経は読みますけどね(あくまで参考のため)。
これ以上読めったってムリ、ムリ。
お金がないのはともかくとして、朝日新聞は朝刊夕刊ともとっているので、読むのに忙しいし、そのあいまをぬってブログやフェイスブックの更新でしょ。
テレビだって観なくちゃ時代に取り残されるし、ネットでいろいろ情報を仕入れなくちゃいけないし、散歩もしなくゃ。
いま知り合いのアルバム写真をデジタルに変換作業中で、これが来年の夏ごろまでかかりそう。
どこかの団体からホームページ作成まで頼まれてんのにまだぜんぜん手がつけてない。
さらにさらに、ワタシまだ現役だもんで、本職の仕事もやってんだよ。
お願い、あなたもブログなりフェイスブックなりツィッターなりをして、世間に抗議してくんないしょ。

投稿: 酔いどれ李白 | 2015年8月27日 (木) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極東アジアの夜明け:

« 西之島 | トップページ | 創作 »