« 怒るぞ | トップページ | おどろき »

2015年9月30日 (水)

がっかりするな

ネットニュースを見ていたら、『日本が中国と競ってきたインドネシアの高速鉄道は中国が建設することが決まった』 って。
『日本政府はインフラ輸出を成長戦略の柱の一つにかかげ、新興国を中心に受注を続けてきただけに戦略の見直しが必要になりそうだ』 とも。

そんな大騒ぎするようなことかい。
これでもって日本の鉄道技術が中国に遅れをとったわけじゃあるまいし、むしろ開業以来事故なしの日本の技術が、事故車を大慌てで穴を掘って埋める中国にますます差をつけちゃって、もはやそんじょそこいらの国民には使いこなせない高みに到達しちゃったってことじゃないかい。

幸か不幸か、わたしはちょっとまえにインドネシアに行ってきたばかりだ。
飛行機で送ったはずの荷物が届かなくって、航空会社に文句をいったら、こちらはいまラマダンでみんな仕事をやる気がありませんから、夕方まで待ってくださいってお国柄だ。
鉄道を安全に快速で運用するのは、技術だけじゃなく、そこで働く人々のこころがまえがモノをいう。
インドネシア人にはとても無理、無理。
あちらの人だって、そんな秒刻みの時刻表なんか望んでないだろうし、いささか迷っていたところへ、中国が費用は全額こちら持ちなんて条件を出せば、そりゃ飛びつくわな。
日本としては、たかられなくてよかったと胸をなでおろしておけばいいことだ。

そのうち中国経済が破綻して、鉄道建設が道半ばで挫折したら、インドネシアはまた日本を頼りにしてくるに決まっている。
破綻するするといわれて、なかなか破綻しないのが北朝鮮と中国経済だけど、どっちが早いかなって、日本人はそれまでサイコロでも振っていればよい。

|

« 怒るぞ | トップページ | おどろき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がっかりするな:

« 怒るぞ | トップページ | おどろき »