« 中国より | トップページ | 大晦日 »

2015年12月30日 (水)

しあわせ

年末のこの時期になると、スーパーの刺身が高くなるような気がする。
気がするのではなく、じっさいに高いのかも。
そのへんはよくわからない。
いつもあまり値段を気にしないで買っているもので。

酒の肴を買いに街へ出てみた。
スーパーで刺身の値段を見て、店員に、高いねえとぼやく。
店員が反論しないのは、むこうも内心でそう思っているからかもしれない。

仕方がないからマグロは我慢して、ナマコと酢ダコを買ってきた。
ちょっとまえにナマコの経済学なんてことを書いたときは、ナマコの値段の高いのに驚いたくせに、今日はまわりと比較して、むしろすこやかに買うことができた。

部屋にもどって、これからひとりでしみじみとイッパイやるところ。
いや、酢ダコのスライスの薄いこと。
向こうが透けて見えるくらいで、これってカンナで削ったのかと難癖をつけたくなる。
でもまあ、文句をいっても仕方ない。
塩鮭のひと切れに幸福を感じたむかしの詩人もいることだし、 世間にはこのていどの幸福でさえ味わえない親子もいることだ。
わたしは一切れのナマコに、つくづくと幸せを感じているところである。

|

« 中国より | トップページ | 大晦日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しあわせ:

« 中国より | トップページ | 大晦日 »