« 雪の朝 | トップページ | 疲れた »

2016年1月18日 (月)

悲哀

642a642b642c

そろそろ明るくなったころ、ロシア装備で雪景色の写真を撮りに出かけてみた。
あいにく雪が雨に変わっちゃって、這々の体で帰宅した。
世の中にはわたしみたいな極道もんとちがって、雪が降っても仕事に出かけなければならない人もいる。
仕方がないから、そういう人たちの写真でお茶をにごす。

じつは今日は、わたしもそういう人たちといっしょで、やむを得ない事情があって通勤時間帯に出かけてきたんだよね。
わたしは午前中は寝ていることが多いから、ひさしぶりのラッシュ体験だ。

ひさしぶりだけど、まあ、間のわるい日だったよなあ。
まず、いつも利用している武蔵境行きのバスがすし詰めで、早々に乗るのをあきらめた。
すこし遠めの三鷹駅に行くべつの路線バスを利用したんだけど、これもいつもの倍はかかったようだ。
三鷹からまたバスに乗り換えたけど、これは都心とは反対方向へ向かうバスだから、混雑は悲惨というほどじゃない。

用事をすませて、また路線バスで、今度はストレートに武蔵境にもどった。
駅のまわりに長い行列ができていて、これはJRに乗ろうという人たちらしかった。
正確無比ということで外国にも名を響かせている日本のJRだけど、欠点は天変地異にヨワイこと。
雪が降ろうが、鉄道が止まろうが、なにがなんでも出社しなければいけない日本のサラリーマンの悲哀を、つくづくと感じた今日のワタシでありました。

|

« 雪の朝 | トップページ | 疲れた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲哀:

« 雪の朝 | トップページ | 疲れた »