« これからは | トップページ | 墓参 »

2016年1月14日 (木)

帰りたくない

母親の一周忌で田舎に帰省してきた。
ついでに2軒の親戚に寄ってきたんだけど、わたしの郷里は保守的な考えが強いところで、そんなところへ変人ぶりが知れ渡っているわたしが乗り込んだのだから、ひじょうに肩身のせまい思いをした。
ことわっておくけど、親戚に罪はない。
これはわたしの田舎にかぎらず、世間一般の風潮かもしれないのである。

まず思ったのは、財産の有無や社会的地位がどれほど大切かということ。
個人の生き方や考えより、大事なのはどれだけ世間から評価されているかということだ。
あそこのうちじゃせがれが部長になったとか、でかい家を建てたとか、そんな話ばかり出る。
職業にもヒエラルキーがあるようで、単純労働者より政治家や社長や教師などのほうが尊ばれる。
単純労働者のわたしは、はあはあと絶望的な気分で話を聞くしかない。

ここで、人間はお金じゃないでしょ、いかに自分に満足して生きるかが大切でしょなんてわめいても勝ち目はない。
なにしろ相手は一国一城のあるじで、家族を養い、娘を嫁にやり、息子の家まで新築し、ネコまで飼っているのだ(1軒は農家で広い土地を、もう1軒はベンツを所有)。
風来坊のわたしが、ブログで世情について嘆いたり、国際情勢を論じてみたり、いろいろエラそうなことをほざいても、こちらは家も家族もない貧乏人だし、おまけに極度の怠け者ではあるし、これじゃあ負け惜しみにしかならない。

ああ、いやだ。
わたし個人的にはいまの境遇に満足してますけど、田舎には帰りたくないわー。

|

« これからは | トップページ | 墓参 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰りたくない:

« これからは | トップページ | 墓参 »